日商 Assist Biz

更新

ご当地キャラ紹介! Vol.48 ながれやマン

ながれやマン

流山商工会議所青年部(千葉県)がつくったキャラクター「ながれやマン」が人気を集めている。お腹にある的の真ん中を触ると幸運をお裾分けしてもらえるという設定が、受験生にも受けている。

ながれやマンは、もともとは同YEGメンバーが遊びで作っていたシールのキャラクターだったが、毎年実施している流山産業博で千葉のキャラクター結集企画を考案した際、地元にキャラクターがいないのは寂しいとの声が寄せられ、本格的な製作が決定。メンバーが一から手作りし、今年3月23日の産業博でお披露目した。

ゆるいキャラクターのイメージを打ち壊し、繊維強化プラスチックでできた固い体を持つながれやマンは「かたキャラ」と称され、さまざまなイベントに引っ張りだこ。メタボ気味で動けるのは15分が限界だ。同YEGは、「地元の人に愛されるキャラクターになってもらいたい。ダイエットをして、活動の幅を広げてほしい」とエールを送っている。

次の記事

笠岡商工会議所(岡山県)の「カブミ」ちゃんが、同所の広報活動を盛り上げている。同所は昨年10月にホームページをリニューアル。その際に、ホームページのイメージキャラクター…

前の記事

今回ご紹介するのは、昨年夏に関西で産声を上げた新キャラ「東大阪チェンバーくん」。東大阪商工会議所が所内で名前を募集した結果、商工会議所の英語名「チェンバー・オブ・コ…

関連記事

阿波池田商工会議所(徳島県)のまちおこしキャラクター「つたはーん」が注目を集めている。同所では、かつて「やまびこ打線」で日本中を熱狂の渦に巻き込んだ地元の高校野球の…

三浦商工会議所(神奈川県)はこのほど、三浦海岸地区の魅力を発信しようと新キャラクターのデザインを公募し、「みうらん」が誕生した。市内在住の19歳女性のデザインが採用さ…

盛岡商工会議所玉山支所(岩手県)に事務所を置く「玉山地域運営協議会青年部」はこのほど、同所創立50周年を記念して、地域をPRするマスコットキャラクター「たま姫ちゃん」を…