おすすめ書籍 超高齢社会 日本の挑戦

超高齢社会 日本の挑戦

超高齢社会 日本の挑戦

辻哲夫総監修

2050年の日本では、4人に1人が75歳以上の後期高齢者になると想定されている。これは、世界でも例を見ない新たな社会の到来であり、国民全体が考えていくべき問題である──と警鐘を鳴らす著者は、東京大学特任教授で元厚生労働事務次官だ。

本書では、経済産業省や厚生労働省など、各省の取り組みを追うほか、先進自治体・企業などの事例も紹介。

(A5判/224頁/税抜1500円/時評社)

次の記事

おすすめ書籍 中国の「穴場」めぐり/中国改革の深化と日本企業の事業展開/誤解だらけの電力問題

日本日中関係学会/真家陽一/竹内純子

中国の「穴場」めぐり 日本日中関係学会編 経済紙の人気連載を加筆・再構成した本書。登場するのは、最近まで外国人の立ち入りが禁じられていた...

前の記事

おすすめ書籍 電力と震災 東北「復興」電力物語/しなやかな日本列島のつくりかた

町田徹/藻谷浩介

電力と震災 東北「復興」電力物語 町田徹著 3・11から3年。史上最悪の事故を起こした東京電力の福島第一原子力発電所と、より震源に近い場所に立...

関連記事

おすすめ書籍 渋沢栄一と安岡正篤で読み解く論語/ジェトロ貿易ハンドブック2021

安岡定子/ジェトロ

「日本資本主義の父」渋沢栄一と「歴代総理の指南役」安岡正篤。2人の共通点は、『論語』を徹底的に活用したことにある。全国で『論語』を講義する...

おすすめ書籍 新型コロナとまちづくり

足立基浩

和歌山大学副学長の足立基浩教授(日本商工会議所農林水産資源活用・まちづくり専門委員会委員)による新著で、コロナ以後のまちづくりのヒントが...

おすすめ書籍 渋沢栄一伝―道理に欠けず、正義に外れず―/地域金融の未来―金融機関・経営者・認定支援機関による価値共創―

井上潤/森俊彦

2月14日に放送開始のNHK大河ドラマ『青天を衝け』の主人公に選ばれ、新一万円札の肖像にも決定している渋沢栄一。渋沢は日本の実業家のリーダーと...