新居浜 レオタードも逸品認定 工都らしい製品PR

前回(昨年10月)、フジグラン新居浜で開催された「愛媛うまいものフェア」へ出品

新居浜商工会議所(愛媛県)を中心に行政や各団体で構成する新居浜逸品カタログ推進協議会は、新居浜市内で製造された優れた食品や工業製品を「新居浜の逸品」として認定している。同事業は平成19年に始まり、認定品は現在27製品だ。

同市は元禄4(1691)年の別子銅山の開坑以来、住友グループを中心とする企業が次々と立地し工業都市として発展してきたまち。食はもちろん、工業製品にもきらりと光るものが多い。例えば、効率的に魚のうろこ取り作業ができる電動うろこ取り機「うろこ取り名人」、刺しゅう会社やグローブ製作会社など異業種間のコラボレーションから生まれた「オリジナルオーダーグローブ」といった独自性のある製品が逸品に認定されている。

今年1月には、新たに国産生地を新居浜で縫製したバレエレオタード「リボンパッセ」と食物繊維が豊富な「おからパン」が認定された。審査会は毎年行われ、認定品は地元スーパーの物産展に出品するなどPRを行っている。今月23、24日にも、スーパー「フジグラン新居浜」で行われる物産展へ、逸品認定品を出品する。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

月刊「石垣」

20221月号

特集1
老舗に学ぶ経営哲学 100年企業が守ってきた“わが家の商法”

特集2
新たな波が大きなチャンスになる!地域企業連携で新エネルギーに挑む

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする