日商 Assist Biz

更新

おすすめ書籍 人事労務担当のための雇用と労働の基本ルールがよくわかる本/「この1冊でわかる!2015年改正派遣法解説」

人事労務担当のための雇用と労働の基本ルールがよくわかる本

みずほ総合研究所著

本書では労働に関する基本的なルールを分かりやすく解説。人事・労務担当者が知っておくべき雇用と労働の基礎知識を身に付けることができる一冊。

(A5判/224頁/税込1944円/東洋経済新報社)

「この1冊でわかる!2015年改正派遣法解説」

経団連事務局 編著

本書では、改正派遣法のポイント、求められる労務管理上の留意点とともに、関連法令などをあわせて掲載。改正法の理解と対応におすすめ。

(A5判/336頁/税込2916円/経団連出版)

次の記事

内閣府/増田史

本書は、経済財政諮問会議の専門調査会「選択する未来」委員会で分析した情報などを、再整理して解説を加えたもの。人口減少下でわが国の進むべき方向が見える一冊。A5判/272…

前の記事

公益財団法人 渋沢栄一記念財団/尾木蔵人

渋沢栄一記念財団の挑戦 公益財団法人 渋沢栄一記念財団 編 本書は、新しい知の集積と発信を行う「文化資源館」を目指す同財団の2003年から14年までの実践報告。従来の博物…

関連記事

安岡定子/ジェトロ

「日本資本主義の父」渋沢栄一と「歴代総理の指南役」安岡正篤。2人の共通点は、『論語』を徹底的に活用したことにある。全国で『論語』を講義する安岡正篤の孫である著者が、…

足立基浩

和歌山大学副学長の足立基浩教授(日本商工会議所農林水産資源活用・まちづくり専門委員会委員)による新著で、コロナ以後のまちづくりのヒントが詰まっている。数多くの現場を…

井上潤/森俊彦

2月14日に放送開始のNHK大河ドラマ『青天を衝け』の主人公に選ばれ、新一万円札の肖像にも決定している渋沢栄一。渋沢は日本の実業家のリーダーとされる。生涯関係した企業の数…