日商 Assist Biz

更新

新年特別対談 2021年の経済展望と政策課題 日本を強く豊かな国へ成長させるために 柳川範之教授×三村明夫会頭

柳川 範之(やながわ のりゆき) 東京大学大学院経済学研究科・経営学部教授 1963年埼玉県生まれ。88年慶應義塾大学経済学部通信教育課程卒業、93年東京大学大学院経済学研究科博士課程修了。2011年から現職。内閣府経済財政諮問会議民間議員、内閣府全世代型社会保障検討会議議員、東京大学不動産イノベーション研究センター長など。

2020年は新型コロナウイルス感染症(以下、「新型コロナ」とする)拡大の影響により世界全体の経済・社会が大きく激変した1年でした。わが国経済においても、緊急事態宣言が発令された昨年4~6月期のGDPがリーマンショック時を超える戦後最大の落ち込みを記録しました。その後、11月頃までは社会経済活動のレベルが引き上がり、最悪期からは一旦持ち直しつつあったものの、年末にかけて感染が再拡大したことで経済回復への足取りは依然として重いままです。

この記事は無料会員限定の記事です。

無料会員登録をすると続きを読めます。

無料会員の方はログイン