日商 Assist Biz

更新

商いの心と技 2021年の商業動向 コロナ危機がマーケティングを変える

新しい四つの「P」

コロナ危機に塗りつぶされた1年だった。民間信用調査会社によると、2020年の企業倒産件数は7年ぶりに1万件を超え、休廃業・解散企業は過去最多の5万件を超えるという。経営者の高齢化や後継者難に加え、新型コロナウイルスが追い打ちをかけているからにほかならない。その影響は中小企業、とりわけ暮らしに寄り添う生活産業である商業、中でも「衣食泊」といわれる衣料、外食、宿泊の3業界において顕著だった。

マクロ経済に目を転じると、4-6月期の実質GDPは前期比マイナス7・9%とリーマンショック直後のマイナス5・4%を超える戦後最悪の落ち込みを記録。直近7-9月期には前期比プラス5・0%と4四半期ぶりにプラス成長となったものの、4-6月期の落ち込み幅の半分ほどしか取り戻せず、19年10-12月期と比べた回復率はまだ52%にとどまる。

「7割経済」といわれるほどに、多くの店や企業が売り上げを落とす今日、21年も一段と環境は厳しく、常識が大きく変わることを覚悟しなければならない。その一つに、マーケティングがある。

1960年代に米国のマーケティング学者、エドモンド・マッカーシーが提唱し、著名な経営学者のフィリップ・コトラーが発展させたマーケティング理論は、「product(製品)」「price(価格)」「place(立地・流通)」「promotion(宣伝・販売促進)」を軸とする。これら四つの「P」は相互に関連しており、整合性を保ちつつ精度を高めることがマーケティングの定石といわれた。

重要性が高まる新しい四つの「P」

しかし、経済は低成長が前提となり、人口は多くの先進諸国で減少に向かい、インターネットの普及により生活者が触れられる情報量は膨大に増えた。マーケティング理論だけが変わらないと考えることには無理がある。21年は、次の新しい四つの「P」の重要性が高まる。その実現・向上こそが危機に強い体質をつくるだろう。

【story―rich product(物語性豊かな商品)】

productはstory-rich(物語性の豊かさ)であることが求められる。商品はこれまで機能、価格、デザインばかりが先行した。しかし、それらに「付加価値」が加わってこそ、思わず誰かに伝えたくなる豊かな物語性を持ち得る。

【philosophy(哲学・理念)】

生活者は単に「安さ」だけを求めているのではない。多くの事業が低価格ばかりを訴求し、ほかの選択肢を提示しないから、私たちは価格で選ばざるを得ないのだ。商品の中にphilosophyを見いだすことができれば、priceは二の次になる。

【personality(個性・人柄)】

promotionの定石も大きく変わった。IT技術の発達により、私たちは安価かつ臨機応変に販売促進を行えるようになり、その結果、多くの情報が溢れ、その中から自分にとってベストな情報を見つけることは非常に困難さを増している。

このとき私たちが選ぶのは、信頼のおける人からの情報だ。あなたが信頼のおける対象となるために大切なのがpersonalityなのである。

【promise(約束・絆)】

商業はこれまで、より恵まれたplaceを求めてきたが、いまやスマホ一つでほとんどの商品を購入できる。逆に、どんなに片田舎にあろうと、商圏を超えて多くの顧客が訪れる繁盛店がある。顧客が求めているのは、そこを訪れれば必ずかなえられるpromiseなのである。

つまり、お客さまは信頼の置けるpersonalityとpromiseを結ぶことを望むようになる。このとき、信頼の根本には、己の商いに対するphilosophyがあり、それを具現化したstory-richproductがなければならない。

もちろん、従来の四つの「P」がまったく機能しなくなるというわけではない。業界や商品カテゴリー、そしてビジネススタイルによっては今後も重要だ。しかし、確実に新しい四つの「P」がその活躍の領域を広げている。

コロナ危機は、その動きを加速させた。そして、それは後戻りすることはない。

(商い未来研究所・笹井清範)

次の記事

商いの心と技 vol.7 王道の商売を目指す

商い未来研究所 笹井清範

「この技を自分の得意技と決めたら、とことん極めろ。小細工をせず王道を行け」とは、七段の心技体を持つ剣士、辻田浩之さんが日ごろ門下生に教え...

前の記事

商いの心と技 vol.6 ほんまもんを守る二人の商人

商い未来研究所 笹井清範

「京の台所」といわれる京都市中京区の錦市場で、庶民の毎日の食卓を支え続けた「井上佃煮店」が守る創業者の遺訓である。同店が135年掲げたのれん...

関連記事

商いの心と技 vol.14 お客への老舗の約束

商い未来研究所 笹井清範

「うちなんて、このまちではまだまだ新参者たい」中世以来の商都として商人文化を育んできた博多で、300年余にわたって商う「光安青霞園(みつやす...

商いの心と技 vol.12 一隅を照らす商いが客を魅了

商い未来研究所 笹井清範

「思い起こせば折節に『与えられるもの』がありました。その中で、お客さまに喜んでもらえるよういちずに励むことが商いの本質ではないでしょうか...

商いの心と技 vol.11 SDGs×商店街がつくる未来

商い未来研究所 笹井清範

「正しいことをやるのに、理由はいりません」取材の質問にこう即答したのは、魚町商店街振興組合(福岡県北九州市)理事長の梯(かけはし)輝元さん...