日商 Assist Biz

更新

パラリンピックのチカラ File 18 本場英国で武者修行の日々 すべては東京で世界の頂点に立つために

櫻井 杏理 (さくらい・あんり)

1988年11月15日京都府生まれ。

障がいクラスは程度の重いカテゴリーB、メイン種目はエペ。日阪製作所所属

2019清州IWAS車いすフェンシング世界選手権大会のエペ種目でプレーする櫻井選手

一般のフェンシングとほぼ同じルールだが、特殊な装置に固定した車いすに座って対戦し、フットワークが使えない点が大きな特徴であり、見どころ……そんな車いすフェンシングの日本女子のエースとして高い期待を集めるのが櫻井杏理選手だ。

幼い頃からスポーツ好きで、高校時代は陸上の長距離選手として活躍。理学療法士の専門学校生だった20歳の時、持病の椎間板ヘルニアが悪化して手術を受けたが、後遺症で車いす生活となった。失意の数年を過ごしたが2014年、勤めていたアウトドア用品店での身のこなしが競技関係者の目に留まり、スカウトされた。「フェンシングさえ見たことがなく、対人競技も初めて。でも、挑戦という意味では未知の世界に飛び込むのも面白いかな」

イチから始め「やればやるほど難しさを感じた」が、挑戦欲と持ち前の運動センスですぐに日本代表入りを果たす。「未知」だった競技もしだいに、スピーディーな動きの中で一つひとつに意図や駆け引きがある「奥深さ」に魅せられた。

16年のリオ・パラリンピック出場は惜しくも逃し、「東京こそ」と誓ったが、競技歴は浅く、練習相手や指導者不足など課題はまだ山積みだった。よりよい競技環境を求めて思い切って18年秋、ロンドンに移住。以前から指導を仰いでいた山本憲一コーチのいる名門フェンシングクラブ「レオン・ポール」に拠点を移した。

クラブにはジュニアからシニアまで世界各国から強豪選手が集まる。車いすの固定装置も常設され、健常の選手が「アームワークを磨きたい」と代わる代わる車いすに座り練習相手になってくれるという。さまざまな選手と剣を交えることは技術力向上に加え、外国選手との対戦に慣れることにも役立つ。「国際大会の特別感が消え、雰囲気にのまれにくくなった」と異国暮らしの効果は幅広い。

‶充実の毎日〟はコロナ禍で一変、ロックダウンでクラブも閉鎖されたが、熟慮の末「目標達成にはベストな選択」とロンドン滞留を決めた。「ピンチをどうチャンスに変えられるか。東京(パラ)で最高のパフォーマンスを発揮して頂点に立つという目標を、ぶれずに追い続けます」

車いすフェンシング

華麗な剣さばきの応酬を支える、精密な技や一瞬の駆け引きにも注目!

スピーディーでスリリングな展開は瞬き厳禁。見事な剣さばきや柔軟性を生かした迫力ある攻防、接近戦に打ち勝つ強い精神力や集中力も見どころだ。障がいのレベルによりカテゴリーAとBに分かれて競う。フェンシング同様、それぞれ剣の形状が異なる3種目(フルーレ、エペ、サーブル)が行われるが、車いすを考慮して有効面は少し異なる。

競技紹介 https://tokyo2020.org/ja/paralympics/sports/wheelchair-fencing/

星野 恭子(ほしの・きょうこ) スポーツライター http://hoshinokyoko.com/

次の記事

パラリンピックのチカラ File 19 10m先の標的はわずか0.5㎜ さらにその“先”までも狙い定める

佐々木大輔 エアライフル

射撃は銃器を使い、制限時間内に決められた弾数で標的を撃ち抜き、精度に応じた得点の合計を競う。技術に加え、どんな局面でも冷静沈着でいられる...

前の記事

パラリンピックのチカラ File 17 固い絆で結ばれた愛馬と踏む 力強いステップで世界最高峰の舞台へ!

高嶋活士 馬術

パラリンピックで唯一、動物とのコンビで行う馬術。人馬一体となって演技し、正確性や芸術性が採点される馬場馬術で競う。感情をもつ馬との信頼関...

関連記事

パラリンピックのチカラ File 24 灼熱のトラックから白銀のゲレンデへ 「夏冬二刀流」でさらなる高みを! 無料会員限定

村岡 桃佳

東京パラリンピックが閉幕したばかりだが、コロナ禍の影響で半年後の2022年3月には冬季の北京大会が開幕する。同大会で3度目の冬季大会出場を狙う...

パラリンピックのチカラ File 23 磨いてきたテクニックと培ったチームワークで世界の壁に立ち向かう!

西家 道代

コロナ禍や1年延期という前例のない状況を経て、開幕が近づく東京パラリンピック。実施22競技中、シッティングバレーボールは下肢に障がいのある選...

パラリンピックのチカラ File 22 再び出会えた自分が輝ける場所 後方のゴール目指して、ただ全力で

市川 友美

水上を滑るように進むスピード感や水面を渡る風の爽快さが魅力のボート競技。市川友美選手もそんな魅力にひかれた一人だ。5月の国際大会で優勝し、...