日商 Assist Biz

更新

パラリンピックのチカラ File 17 固い絆で結ばれた愛馬と踏む 力強いステップで世界最高峰の舞台へ!

高嶋 活士 (たかしま・かつじ)

1992年12月2日千葉県生まれ。障がいクラスはグレードIV。

ドレッサージュ・ステーブル・テルイ/コカ・コーラボトラーズジャパンベネフィット所属

「第4回全日本パラ馬術大会」で愛馬・ケネディ号と息の合った演技を披露する高嶋選手 撮影:吉村もと

パラリンピックで唯一、動物とのコンビで行う馬術。人馬一体となって演技し、正確性や芸術性が採点される馬場馬術で競う。感情をもつ馬との信頼関係が勝敗に大きく影響する。

高嶋活士選手がドイツ生まれのせん馬(去勢された牡馬)、ケネディ号と出合ったのは約5年前。穏やかで愛らしい性格に引かれた。以来、「愛情をもって接すれば、愛情を返してくれる」と真摯(しんし)に向き合ってきた。厳しい練習の前と後に行う愛馬の世話も大切な日課。健康管理も含め、細やかな気配りでケアする。

昨年12月の全日本パラ馬術大会では強風により演技中に埒(らち・アリーナの柵)が倒れるアクシデントで一瞬、馬がビクついたが、高嶋は何もなかったかのように演技を続けた。試合後、「派手には驚かず、収まってくれた。いい馬だなと思った」。細めた目に、深めてきた‶二人の絆〟が垣間見えた。

自身の動揺が馬に伝わらないよう、心の制御も大切だ。「強みは、馬が暴れても大丈夫なところ。騎手時代の経験も大きいかもしれない」

高嶋は2011年から日本中央競馬会の騎手として活躍したが、13年にレース中の落馬事故で頭部外傷や右鎖骨骨折などを負い、右半身にまひが残った。必死のリハビリで復帰を目指したが、15年に無念の引退。幸い事故の記憶は一切なく、ただ「大好きな馬に乗りたい」と新たに選んだのが馬術だった。

競馬はレースごとに指定された馬に騎乗するが、馬術は特定の馬と組み練習を重ねる点が異なり、馬の性格や特性を把握し、「こう指示したら、こう動く」というコンビの約束づくりが欠かせない。高嶋は右半身に力が入りにくいため、利き手を右から左に変えて手綱を操り、右足はゴムバンドであぶみに固定する。左右差のある自身の特徴を馬に理解してもらうことも重要で、意思の伝達には主に骨盤で馬の背を押す方法を工夫した。

才能はすぐに開花。競技歴1年で国内トップに立ち、世界選手権の日本代表にもなった。次に目指す東京パラリンピックは延期になったが、「やるべきことは今までと変わらない。ただ、ケネディとのコンビネーションを高めていくだけ」。家族のようなパートナーと、心一つに夢を追う。

馬術

人と馬との信頼関係に根ざした一体感と、まるでダンスのような躍動感!

身体や視覚に障がいのある選手が出場。男女混合だが、障がいの重い方から5つのクラス(グレードI~V)に分かれて競う。障がいに応じて馬具の改良も可能。リズムの異なる3種のステップや「円を描く」「斜め歩行」といった20以上の運動項目を組み合わせて演技する。各項目を10点満点で採点され、成績は得点率で表示される。個人戦(規定・自由)と団体戦がある。

競技紹介:https://tokyo2020.org/ja/paralympics/sports/equestrian/

星野 恭子(ほしの・きょうこ) スポーツライター http://hoshinokyoko.com/

次の記事

櫻井杏理 車いすフェンシング

一般のフェンシングとほぼ同じルールだが、特殊な装置に固定した車いすに座って対戦し、フットワークが使えない点が大きな特徴であり、見どころ……そんな車いすフェンシングの日…

前の記事

豊島英 車いすバスケットボール

パラリンピック屈指の人気競技、車いすバスケットボール。キュキュ、ギュッ―激しい車いす操作による床との摩擦でタイヤのゴムが焼けた匂いも時おり漂う。パスやドリブルで運ば…

関連記事

佐々木大輔 エアライフル

射撃は銃器を使い、制限時間内に決められた弾数で標的を撃ち抜き、精度に応じた得点の合計を競う。技術に加え、どんな局面でも冷静沈着でいられる集中力が勝敗を分ける。「自分…

西崎哲男 パワーリフティング

パラリンピックのパワーリフティングは、下肢に障がいのある選手が上半身の力だけで行うベンチプレス競技だ。健常者よりも障がい者の方が高い記録が出ることもある奥深い競技性…

半谷静香 柔道

日本視覚障害者柔道連盟は8月下旬、来夏の東京パラリンピック日本代表候補の推薦内定選手を発表し、女子48㎏級には3大会連続となる半谷静香が選ばれた。同階級は東京大会の柔道…