日商 Assist Biz

更新

パラリンピックのチカラ File 16 武器は圧倒的なスピード! 「速いバスケ」を目指す日本代表の要

豊島 英 (とよしま・あきら)

1989年2月16日福島県生まれ。障がいクラスは2.0、ポジションはガード。

クラブは宮城MAX、会社は㈱WOWOWに所属

「三菱電機WORLD CHALLENGE CUP 2019」で、チームをけん引する豊島英選手 撮影:吉村もと

パラリンピック屈指の人気競技、車いすバスケットボール。キュキュ、ギュッ―激しい車いす操作による床との摩擦でタイヤのゴムが焼けた匂いも時おり漂う。パスやドリブルで運ばれたボールが、低い位置から美しい放物線を描いてゴールネットに吸い込まれる様には胸が躍る。

豊島英も、刺激的な競技に心を奪われた一人だ。生後4カ月で発症した髄膜炎により両脚がまひし、車いす生活となったが、中学2年のとき、養護学校の教師に誘われた講習会で、バスケ用車いすのスピード感に魅了された。

この記事は無料会員限定の記事です。

無料会員登録をすると続きを読めます。

無料会員の方はログイン

前の記事

西崎 哲男

パラリンピックのパワーリフティングは、下肢に障がいのある選手が上半身の力だけで行うベンチプレス競技だ。健常者よりも障がい者の方が高い記録が出ることもある奥深い競技性…

関連記事

半谷 静香

日本視覚障害者柔道連盟は8月下旬、来夏の東京パラリンピック日本代表候補の推薦内定選手を発表し、女子48㎏級には3大会連続となる半谷静香が選ばれた。同階級は東京大会の柔道…

菅野 浩二

車いすテニスは、「男子」クラスの国枝慎吾(ユニクロ)や「女子」の上地結衣(三井住友銀行)らの活躍もあり、日本での知名度も高いが、パラリンピックではもう一つ、「クアー…

古川 佳奈美 卓球

「初めてのパラリンピックの空気を楽しみたいです。憧れていた舞台に自分が本当に立てるとは夢のよう。まだ信じられないです……」朗報が届いたのは7月1日。国際卓球連盟からの通…