日商 Assist Biz

更新

100年経営に極意あり!長寿企業の秘密 このままでは先細りのひな人形の伝統をこれからいかに盛り上げていくかが課題

植木屋人形店

埼玉県越谷市

3月まではひな人形、5月まではかぶと、その後はお盆用の造花、年末は羽子板や破魔弓を販売している

植木屋から人形づくりへ

3月3日のひな祭りに飾られるひな人形は、埼玉県の鴻巣と岩槻が生産地として有名だが、実は同じ埼玉県の越谷もひな人形づくりの歴史は古く、かつては江戸の十軒店(じっけんだな・現在の日本橋室町)、鴻巣とともに「関東三大ひな市」の一つとされていた。

江戸時代、越谷の会田佐右衛門が江戸の十軒店でひな人形づくりを習得し、安永年間(1772~80年)に越谷でつくり始めたのが始まりとされている。その店が、越谷の旧日光街道沿いにある植木屋人形店である。

「会田家は清和天皇(在位858〜876年)の子孫にあたり、信濃国(現在の長野県)の武将でした。天文22(1553)年に武田晴信(信玄)に敗れて6世帯が越谷に落ち延び、ここで植木屋をやっていたようです。それが、店の名前が植木屋人形店となった理由だそうです。雅号も樹木齋仙峯(じゅもくさいせんぼう)といい、家が植木屋だったからこの名前をいただいたのだと思います。実際、戦前までは家の裏に植木がたくさんありました。しかし戦時中、木を切って畑にしてしまいました」と、社長の会田正三さんは言う。

この記事は無料会員限定の記事です。

無料会員登録をすると続きを読めます。

無料会員の方はログイン

前の記事

有限会社宮崎美老園

宮崎県では、江戸時代中期に京都宇治から持ち帰られた蒸製製茶法がきっかけでお茶づくりが広まり、現在国内第4位の生産量を誇る。その県庁所在地である宮崎市の中心的な繁華街…

関連記事

有限会社光國本店

山口県の日本海側にある城下町の萩は、夏ミカンの産地でもある。江戸時代中期、近隣の島に漂着した珍しい果実の種をまいたものが原木となり、その実がのちに萩にもたらされた。…

有限会社森菊商店

日本におけるシイタケの栽培は、江戸時代初期に豊後国(現在の大分県)の炭焼き源兵衛が始めたという説がある。それから約400年後の現在、大分県の干しシイタケの生産量は国内…

木下サーカス株式会社

サーカスは、紀元前の古代エジプトや古代ローマにすでにその原型があったとされる。日本でも、8世紀に中国から軽業(かるわざ)や曲芸などを見せる散楽(さんがく)が伝来し、それ…