日商 Assist Biz

更新

100年経営に極意あり!長寿企業の秘密 伝統や歴史だけでは同じところを回るだけ 新たな取り組みとの両輪で前に進んでいく

宮崎美老園

宮崎県宮崎市

店では日本茶だけでなく、プーアール茶などの中国茶も販売している

都城から県都・宮崎に進出

宮崎県では、江戸時代中期に京都宇治から持ち帰られた蒸製製茶法がきっかけでお茶づくりが広まり、現在国内第4位の生産量を誇る。その県庁所在地である宮崎市の中心的な繁華街の橘通りで、宮崎美老園はお茶を販売している。

「店の創業は明治15(1882)年としていますが、これは初代の森伝吉が宮崎に支店を出した年で、もともとは都城でお茶の製造販売をしていました。当時は都城のほうが宮崎よりも栄えており、また、お茶の主要な産地でもありました。廃藩置県の後にできた宮崎県の県都が宮崎市になったことから、こちらにも店を構えることにしたのかもしれません」と、四代目店主の久保裕さんは言う。

この記事は無料会員限定の記事です。

無料会員登録をすると続きを読めます。

無料会員の方はログイン

前の記事

有限会社光國本店

山口県の日本海側にある城下町の萩は、夏ミカンの産地でもある。江戸時代中期、近隣の島に漂着した珍しい果実の種をまいたものが原木となり、その実がのちに萩にもたらされた。…

関連記事

有限会社森菊商店

日本におけるシイタケの栽培は、江戸時代初期に豊後国(現在の大分県)の炭焼き源兵衛が始めたという説がある。それから約400年後の現在、大分県の干しシイタケの生産量は国内…

木下サーカス株式会社

サーカスは、紀元前の古代エジプトや古代ローマにすでにその原型があったとされる。日本でも、8世紀に中国から軽業(かるわざ)や曲芸などを見せる散楽(さんがく)が伝来し、それ…

株式会社岸本吉二商店

灘や伊丹といった酒どころに囲まれた兵庫県尼崎市で、岸本吉二商店は明治33(1900)年に初代の岸本吉二が創業して以来、菰縄(こもなわ)づくりの伝統を守り続けている。菰縄とは…