日商 Assist Biz

更新

100年経営に極意あり!長寿企業の秘密 地域の皆さまからの恩恵を忘れず昔ながらのまちの和菓子屋を地道に続けていく

御菓子司 松月堂

長崎県佐世保市

店はJR佐世保駅からほど近いアーケード商店街の中にある

一旗揚げるために佐世保へ

明治22(1889)年に大日本帝国海軍の軍港が置かれ、現在も海上自衛隊の基地がある長崎県佐世保市で、松月堂は100年以上にわたりカステラや丸ぼうろといった地元の銘菓をつくり続けている。初代の池田松吉が和歌山県から佐世保に移り住み、明治38(1905)年に菓子店を開いたのが始まりである。当時、軍港の佐世保は日露戦争の特需景気に沸いていた。

「池田松吉は私の曽祖父で、和歌山で廻船(かいせん)問屋に勤めていました。仕事柄、海軍や佐世保と縁があったようで、定年でもらった退職金で佐世保に土地を買い、菓子屋を始めたのです。定年といっても、あの時代ですから40歳前後だったと思います。佐世保で一旗揚げようと決意して始めたのでしょう」と、四代目の池田育郎さんは言う。

この記事は無料会員限定の記事です。

無料会員登録をすると続きを読めます。

無料会員の方はログイン

前の記事

100年経営に極意あり!長寿企業の秘密 このままでは先細りのひな人形の伝統をこれからいかに盛り上げていくかが課題

植木屋人形店

3月3日のひな祭りに飾られるひな人形は、埼玉県の鴻巣と岩槻が生産地として有名だが、実は同じ埼玉県の越谷もひな人形づくりの歴史は古く、かつて...

関連記事

100年経営に極意あり!長寿企業の秘密 伝統や歴史だけでは同じところを回るだけ 新たな取り組みとの両輪で前に進んでいく

有限会社宮崎美老園

宮崎県では、江戸時代中期に京都宇治から持ち帰られた蒸製製茶法がきっかけでお茶づくりが広まり、現在国内第4位の生産量を誇る。その県庁所在地で...

100年経営に極意あり!長寿企業の秘密 地元のお客さまと観光客に育てられ 萩の夏ミカンと手づくりにこだわった名菓

有限会社光國本店

山口県の日本海側にある城下町の萩は、夏ミカンの産地でもある。江戸時代中期、近隣の島に漂着した珍しい果実の種をまいたものが原木となり、その...

100年経営に極意あり!長寿企業の秘密 シイタケ商売は大もうけを狙うより実直に手堅く顧客の信用を得る

有限会社森菊商店

日本におけるシイタケの栽培は、江戸時代初期に豊後国(現在の大分県)の炭焼き源兵衛が始めたという説がある。それから約400年後の現在、大分県の...