日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 事業承継調査の結果公表 「廃業予定」増加に支援強化

事業承継の意向

静岡商工会議所は1月28日、2020年10月1~23日に実施した「事業承継実態調査」の結果を公表した。同調査は中小・小規模事業者の事業承継の実態を把握し支援するための基礎資料とする目的で実施。任意抽出した会員3000社へ郵送によるアンケートを行い、1154社から回答を得た。 調査の結果、「事業承継の意向」については「承継希望・後継者あり」が39・7%と最も多く、「現状維持」が25・8%、「廃業予定」が20・7%だった。「承継希望・後継者未定」は13・8%だった。

「現状維持」の割合は18年の前回調査(35・1%)より9・3㌽減、一方廃業予定(同12・1%)は8・6㌽増えた。その理由は「当初より自分の代で廃業しようと決めていた」「事業に将来性がない」「後継者が見つからない」などが多かった。

「承継希望・後継者あり」との回答では後継者(候補)は「子」が最も多く(69・6%)、次いで「自社役員・従業員(親族外)」(12・8%)だった。後継者は親族の割合が依然高いが、前回と比べると「自社役員・従業員」「社外から登用」がそれぞれ1・3㌽、2・7㌽増えている。

事業承継を進めるために「必要だと思うこと」「取り組んでいること」は共に「取引先との関係維持」がトップ。事業承継に「具体的に取り組んでいる」企業は47・2%だったが、「近々取り組む」「何も取り組んでいない」「取り組み方が分からない」を合わせると51・5%が調査時点で取り組みに着手していなかった。

同所は、廃業予定の増加はコロナ禍による事業継続マインドの低下が理由とみて今後の廃業増加を懸念。事業承継の取り組みの遅れも課題となった。今後は、同所が国の委託を受けて運営する静岡県事業引継ぎ支援センター(来年度より主に親族内承継を支援する静岡県事業承継ネットワークを統合し、事業承継・引継ぎ支援センターに改名)を通じて事業承継の啓発を行う。

また静岡県事業引継ぎ支援センターは2月25日にM&Aプラットフォーム「ビズリーチ・サクシード」と連携。県内14金融機関の協力も得て企業にM&Aの選択肢を提供するなど、「オール静岡」で事業承継を支援する。

次の記事

兵庫県 西宮商工会議所

西宮商工会議所(兵庫県)は、コロナ禍での地域経済の再起を目指し、西宮市近郊などを舞台とした根強い人気を誇るアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」とのコラボ商品の開発に取り組んだ…

前の記事

北海道 帯広商工会議所

帯広商工会議所(北海道)は、コロナ渦で厳しい状況にある夜の飲食店を応援する「おびひろ街の灯り応援キャンペーン」を開催するに当たり、プレミアム率20%のチケットの購入を…

関連記事

静岡県 掛川商工会議所

掛川商工会議所(静岡県)はこのほど、地場産品を販売する「これっしか処」と共同で、掛川市の特産品を自由に詰め合わせできるギフトセット「KOREDARA KAKEGAWA(これだら掛川…

福岡県 大牟田商工会議所

大牟田商工会議所(福岡県)は、あいおいニッセイ同和損害保険、損害保険ジャパン、東京海上日動火災保険、三井住友海上火災保険の損害保険会社4社との「企業支援及び地域活性…

東京都 東京商工会議所/埼玉県 深谷商工会議所

東京商工会議所は、渋沢栄一翁の顕彰に関する包括連携協定に基づき、「渋沢栄一翁8者連携首脳会議」を4月22日に初めて開催した。会議には、協定を締結した渋沢翁と関わりが深い…