日商 Assist Biz

更新

情熱ぴーぷる 第19回女性起業家大賞・スタートアップ部門 奨励賞

障がい者の幸せと可能性を大切に考えて社会復帰と自立をサポートする

株式会社エコルソレイユ 代表取締役 井立 薫(いだち・かおる)

株式会社エコルソレイユ 代表取締役 井立 薫(いだち・かおる)

皆が安心できる場所をつくることが使命

起業のきっかけは、私が事故によって片手の機能を失い、生きることに自信を無くしかけていたことでした。がんの闘病も重なり、自然と「人の役に立つことをしていきたい」と思っていたころ、相談支援員の人から誘われて始めたのが福祉関連の仕事でした。障がい者支援の分野に携わる中で、すぐに理想と現実のギャップに気付いてしまいました。次第に「障がいを持つ人が安心できる場所で働きながら自信と勇気を培っていけるような会社をつくれるのは自分しかいない」という強い思いを抱くようになりました。

そして、2015年7月、太陽が降り注ぐ学びの場にしたいとの願いを込めて、社名は、フランス語で学校と太陽を表す「エコルソレイユ」と決めて走り出しました。

弊社の就労支援事業所では、現時点で一般企業への就職が困難な障がいを持っている人に対して、自立や社会復帰など、それぞれの目標を目指して軽作業などを通じて就労訓練をするサービスを行っています。ここは、就労支援B型(非雇用型の支援)のため、体調に合わせた通所が可能です。引きこもり状態から社会復帰に向けた一歩を踏み出す人のために、性格や周囲との相性などをしっかり見極めた上で個人個人に合わせた丁寧な対応が信条です。女性職員が多いことから、優しくきめ細かな配慮があると評価されています。

適材適所の就労支援

主な利用者は、障がいをお持ちで、社会で生きていくことに対して不安を感じている人たちです。就労はしたいが体調や障がいに不安のある人、離職後引きこもり状態の人、一般企業に在籍していても心の病で休職中の人なども対象。精神障がいの人たちへは、心の安定とともに、意欲向上と社会復帰を後押しします。気持ちに寄り添い、人生の活性化に向けてサポートすることを重視しています。

知的や発達障がいのある人たちへは、社会への適応化に重点を置いた支援を行います。さらに、一般企業への就職を目指せる人には、能力向上に向けての支援や就職援助を行います。私たちが把握している性格、得意不得意、配慮の必要な点、適応業種などのデータを作成、企業と相互の連携を図りながら就業につなげていけば双方の不安緩和になると考えています。障がいを持っていても、適所であれば能力を発揮することができるため、適材適所の就業支援に注力しています。

目標は、5年後に就労支援事業所のサービス提供時間後に、日中の一時支援事業をスタートすること。また、自社商品として介護衣料品の製作を増やし、今後増えるであろう介護の家族負担軽減に貢献したいと考えています。これが、利用者の工賃アップと需要のある商品づくりにもつながるからです。さらに、これから10年の間には、一般企業従業員のメンタルサポート事業拡大なども計画中です。広い視野で、一般企業と就労支援・相談支援事業の連携による地域のメンタルケアができる企業となることを目指しています。

会社データ

社名:株式会社エコルソレイユ

所在地:愛知県春日井市八事町2-137

電話:0568-37-0080

創業:2015年

事業概要:障害福祉サービス業(就労継続支援、特定相談支援、障がい児相談支援)

HP:https://www.ecole-soleil.jp/

※月刊石垣2021年4月号に掲載された記事です。

次の記事

情熱ぴーぷる 第19回女性起業家大賞・グロース部門奨励賞

特定非営利活動法人アジェンダやまがた

2007年、私は「山形を元気にしたい」という思いで、山形市中心市街地活性化への貢献を目的とする任意団体として活動を開始しました。この時期に長...

前の記事

情熱ぴーぷる 第19回女性起業家大賞・スタートアップ部門奨励賞

株式会社リリフル

3年前、私は小さな個人病院の看護師としてパートで働いていました。その頃、まさか自分が会社を設立して従業員を雇う身になるとは思ってもみません...

関連記事

情熱ぴーぷる 第19回女性起業家大賞・スタートアップ部門特別賞

特定非営利活動法人アイル

当社は、0歳から幼稚園児までの児童発達支援と、小学生から高校生までの障がい児の通所やショートステイができる事業所として、保護者が安心して子...

情熱ぴーぷる 第19回女性起業家大賞・グロース部門奨励賞

株式会社Temari

私自身、高校生のころからビジネス系に興味を持っていました。高校は附属大学のある女子校で、学ぶこと自体は好きなのですが、一方向の座学が好き...

情熱ぴーぷる 第19回女性起業家大賞・スタートアップ部門特別賞

株式会社lojus

23歳当時、IT企業に勤務していた私にはお金も時間もありませんでした。そんなときに恋人が余命1年と宣告され、支えることも一緒にいる時間もなか...