コラム石垣 2021年4月21日号 中山文麿

中国の習近平国家主席は尖閣諸島を台湾と同じく核心的利益と位置付けている。同氏は国家主席の定年制を撤廃して終身任務に就くことを可能とし、国民に「中国の夢」を語り、建国の父、毛沢東越えも視野に入る。

▼尖閣諸島奪取の方法は南シナ海の西沙諸島や南沙諸島の中国の戦略を見れば分かる。中国は全国海島保護長期計画の第1次計画に従い11年から今年3月までに南シナ海の岩礁を軍事基地に変えた。この4月から尖閣諸島を最重要拠点に位置付けた第2次計画が始まった。既に、中国は1992年の領海法によって尖閣諸島を中国領にしている。

▼さらに中国は国際法違反の海警法を施行し、尖閣諸島を中国の管轄区域という曖昧な表現で位置付け、準軍事組織である海警局に武器使用を認め、日本がつくった灯台を武力によって撤去できるようにした。

▼日本は海警局の警備船による領海侵犯を厳格に取り締まるとともに海上民兵による数百隻に上る偽装漁船の強襲などあらゆる事態を想定し適切に対処すべきだ。例えば、自衛隊と米軍が尖閣諸島の防衛を見通した共同演習を実施したり、米インド太平洋軍の司令官が提案した第1列島線に沿って中距離ミサイルを配備することについても議論を深めたい。

▼一方、日本政府はクワッドなどの取り決めを活用し国際世論に訴えるべきだ。仏領ポリネシアを有するフランスは攻撃型原子力潜水艦を太平洋に派遣してきた。香港の一国二制度の条約を反故(ほご)にされた英国は、今夏空母クイーン・エリザベスをインド太平洋に派遣する予定だ。また、米国も新たに太平洋抑止イニシアチブ(PDI)を策定して中国の軍事力の肥大化を強くけん制し始めたことなどは誠に心強い。

(中山文麿・政治経済社会研究所代表)

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

次の記事

コラム石垣 2021年5月1日号 神田玲子

NIRA総合研究開発機構理事 神田玲子

「人手が足りない」という弁解を聞くことが多い。日本は人口減少の危機に直面していると再三聞かされているうちに、「人手不足」という言葉が免罪...

前の記事

コラム石垣 2021年4月11日号 中村恒夫

時事総合研究所客員研究員 中村恒夫

例年の春ならば、都心を忙しそうに歩く就活生の姿がめっきり減った。オンラインによる面接が一般化してきたためだろう。面接室に入って来たときの...

関連記事

コラム石垣 2022年1月1日号 コラム「石垣」執筆者に聞く 2022年の展望

コラムニスト 宇津井輝史/NIRA総合研究開発機構 理事 神田玲子/観光未来プランナー 文化庁日本遺産審査評価委員 丁野朗/時事総研 客員研究員 中村恒夫/政治経済社会研究所 代表 中山文麿

日本商工会議所100周年を迎える2022年。いまだコロナ禍の収束を見ない中、時代はどう変わるのか。本紙コラム「石垣」執筆者に、今年の日本と世界の...

コラム石垣 2021年12月11日号 神田玲子

NIRA総合研究開発機構理事 神田玲子

先日、久しぶりに友人と会った。先の衆議院選挙について「成長と分配ということだけれど、今更何を言っているのか」と首をかしげた。確かに、成長...

コラム石垣 2021年12月1日号 中山文麿

政治経済社会研究所代表 中山文麿

先月の8~11日、中国共産党の第19期中央委員会第6回全体会議(6中全会)が北京で開催され、習近平国家主席の主導の下、共産党の第3回の歴史決議が...

月刊「石垣」

20221月号

特集1
老舗に学ぶ経営哲学 100年企業が守ってきた“わが家の商法”

特集2
新たな波が大きなチャンスになる!地域企業連携で新エネルギーに挑む

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする