コラム石垣 2021年5月1日号 神田玲子

「人手が足りない」という弁解を聞くことが多い。日本は人口減少の危機に直面していると再三聞かされているうちに、「人手不足」という言葉が免罪符になると誤解しているようだ。新型コロナウイルス感染症への対応でも、PCR検査技師が足りない、重症患者を治療できる医師がいない、ワクチンにしても接種する医師が不足していると何度も喧伝(けんでん)された。コロナ禍に限らず、台風などの大規模な自然災害が起これば、人手不足で業務が回らなくなることを懸念する自治体も多い。

▼しかし、日本は一億二千万人以上の人口を有し、世界で11番目の大国であることを忘れてはならない。これほどの人口大国で、人手が足りないというのは、人材を無駄にしているからにほかならない。その顕著な例が、医療機関における「官と民の壁」である。国公立の病院は行政の指揮下にあるが、緊急時でさえ民間の病院に対しては要請が限界で、動員まではできないという。医療機関は、治療を求めている人々に対し、官民の区別なく協力することは役目として当然だ。それすらできない異常な状況を一刻も早く是正すべきなのは医療分野に限ったことではない。緊急時には、官と民の壁を越えて組織や人々が協力する態勢を組むべきだ。

▼そのために、政府は緊急時に必要となるスキルや知識を洗い出し、いざというときの活用範囲や動員方法を、平生から準備しておくことが必要だろう。地域のさまざまな市民活動などのネットワークを行政が活用することで、市民の間の信頼関係を行政に生かすことも有効だ。一億総活躍のスローガンは消えてしまったのか。人口大国である日本で、「人手不足」は免罪符たり得ない。

(NIRA総合研究開発機構理事・神田玲子)

次の記事

コラム石垣 2021年5月21日号 宇津井輝史

コラムニスト 宇津井輝史

外出自粛が奨励され、静かなときを過ごす機会が多い昨今である。いつか読もうと思っていた本に手が伸びる。時間をかけて読みふけるのもいいが、こ...

前の記事

コラム石垣 2021年4月21日号 中山文麿

政治経済社会研究所代表 中山文麿

中国の習近平国家主席は尖閣諸島を台湾と同じく核心的利益と位置付けている。同氏は国家主席の定年制を撤廃して終身任務に就くことを可能とし、国...

関連記事

コラム石垣 2021年7月11日号 宇津井輝史

コラムニスト 宇津井輝史

アフリカで生まれた人類は、ユーラシアから南米の南端までを数万年かけて歩いて渡った。やがて海は、陸と陸を隔てるものから、つなぐものに変わっ...

コラム石垣 2021年7月1日号 神田玲子

NIRA総合研究開発機構理事 神田玲子

新型コロナウイルス感染症との闘いを通して、各国が団結して行動する機運が生まれている。そう考える理由の一つが、グローバルな法人税制ルールの...

コラム石垣 2021年6月21日号 中山文麿

政治経済社会研究所代表 中山文麿

新型コロナウイルスの変異株が世界的に猛威を奮っている。イギリス変異株は従来株と比べ1・5倍感染力が強く、インド株はさらにそれの1・5倍も強い。...