日商 Assist Biz

更新

渋沢栄一の軌跡 第14回 天満橋

交通 京阪電車・Osaka Metro谷町線天満橋駅すぐ [写真提供]写真AC

大阪と京都を結ぶ京阪電気鉄道発祥の地

パリ万博で鉄道の重要性を知った渋沢栄一は、紡績業などの発展が目覚ましい大阪において、大阪・京都間にすでに敷かれていた淀川右岸の官営鉄道(現・JR京都線)だけではいずれ輸送力が不足すると考えました。そこで、淀川の左岸に私設鉄道「京阪鉄道」を敷く計画を立て、同時期に建設計画があった「畿内電気鉄道」と一本化し、1906年に京阪電気鉄道株式会社を設立。10年には大阪・天満橋駅と京都の五条駅(現・清水五条駅)間が開業し、大阪の発展を足元から支える公共交通機関となっていきます。

京阪電鉄は今年で開業111年。現在、市民生活に不可欠の存在となっています。

観光担当者がすすめる!わがまちの「イチ押し」

大阪商工会議所 岡田 将吾

大阪の水辺にぎわいをもたらす新名所「北浜テラス」。2009年、北浜水辺協議会が日本初の川床の常設化を実現しました。写真は「北浜テラス」の一角にある難波橋のリバーサイドカフェ「MOTO COFFEE」からの眺めです。ぜひお越しください。

渋沢栄一の生涯を描く 大河ドラマ「青天を衝け」(NHK)

公式HPはこちら▶ https://www.nhk.or.jp/seiten/

次の記事

渋沢栄一の軌跡 第15回 深谷駅

埼玉県 深谷商工会議所

深谷駅は、東京駅の赤レンガ駅舎とよく似ていることで知られています。これは東京駅駅舎に深谷産のレンガが使われていることにちなみ、「レンガの...

前の記事

渋沢栄一の軌跡 第13回 音無親水公園

東京都 東京商工会議所北支部

渋沢栄一は61歳のとき、東京都北区の飛鳥山に居を構え、亡くなるまで飛鳥山邸を拠点として活動していました。ここに国内外の賓客を招き重要な会議...

関連記事

渋沢栄一の軌跡 第17回 「青天を衝け」 大河ドラマ館

東京都/埼玉県

近代日本経済の父・渋沢栄一の生涯を描いた、現在放送中の大河ドラマ『青天を衝け』。このドラマを通じて、栄一に興味を持ったという声が多く聞か...

渋沢栄一の軌跡 第16回 サッポロビール博物館

北海道 札幌商工会議所

栄一は多くの大企業の設立に携わり、身近なところでは国産ビール会社の創設・発展にも尽力しています。現在のサッポロビールはその一社で、官営の...

渋沢栄一の軌跡 第12回 七十七銀行

宮城県

七十七銀行の前身にあたる第七十七国立銀行は、1878(明治11)年に地元・仙台に基盤を置く銀行の必要性を感じていた元仙台藩士の氏家厚時らを中心...