渋沢栄一の軌跡 第15回 深谷駅

[写真提供]深谷市

近代的な都市整備を支えた深谷生まれの良質なレンガ

深谷駅は、東京駅の赤レンガ駅舎とよく似ていることで知られています。これは東京駅駅舎に深谷産のレンガが使われていることにちなみ、「レンガのまち」をアピールするため、1996年にこの姿に生まれ変わりました。

深谷では良質の粘土を産出し、これに着目した栄一が都市整備に必要なレンガを生産する日本初の機械式レンガ工場として日本煉瓦製造を設立。富岡製糸場の生糸の輸送にも使われていた日本鉄道を活用し、東京へのレンガの大量供給を可能にしました。以降、建築の主材がコンクリートに変わるまで、深谷のレンガは日本の近代建築を支え続けたのです。

観光担当者がすすめる!わがまちの「イチ押し」

深谷商工会議所 八ツ田 広岳

この記事は無料会員限定の記事です。

無料会員登録をすると続きを読めます。

無料会員の方はログイン

前の記事

渋沢栄一の軌跡 第14回 天満橋

大阪府 大阪商工会議所

パリ万博で鉄道の重要性を知った渋沢栄一は、紡績業などの発展が目覚ましい大阪において、大阪・京都間にすでに敷かれていた淀川右岸の官営鉄道(...

関連記事

渋沢栄一の軌跡 第13回 音無親水公園

東京都 東京商工会議所北支部

渋沢栄一は61歳のとき、東京都北区の飛鳥山に居を構え、亡くなるまで飛鳥山邸を拠点として活動していました。ここに国内外の賓客を招き重要な会議...

渋沢栄一の軌跡 第12回 七十七銀行

宮城県

七十七銀行の前身にあたる第七十七国立銀行は、1878(明治11)年に地元・仙台に基盤を置く銀行の必要性を感じていた元仙台藩士の氏家厚時らを中心...

渋沢栄一の軌跡 第11回 中の家

埼玉県

渋沢栄一は天保11(1840)年に、武蔵国榛沢郡血洗島村(現在の埼玉県深谷市血洗島)で生を受け、10代のころから家業である養蚕や藍玉の製造販売を...