渋沢栄一の軌跡 第13回 音無親水公園

交通 JR王子駅から徒歩3分

地元の発展を願った栄一が眺めた渓谷

渋沢栄一は61歳のとき、東京都北区の飛鳥山に居を構え、亡くなるまで飛鳥山邸を拠点として活動していました。ここに国内外の賓客を招き重要な会議を行うなど、時代を大きく動かす一方で、地元北区の発展にも力を入れていたといいます。

音無親水公園は、石神井(しゃくじい)川の旧流路に整備された公園です。北区では石神井川を音無川と呼んで親しんでおり、古くから桜の名所として知られていました。この公園をまたぐように架けられた音無橋は、まちの交通の便を良くするために昭和4年に起工し、今なお生活を支えている橋で、建築や開通にあたり栄一が資金援助をしていたことが知られています。

観光担当者がすすめる!わがまちの「イチ押し」

東京商工会議所 北支部 小林 千春

渋沢栄一が後半生の拠点とした北区飛鳥山に、「渋沢×北区 青天を衝け 大河ドラマ館」がオープンしました。ドラマに使用した衣装の展示や、「なりきり1万円札」コーナー、おみやげ館などは必見です。ぜひお越しください。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

次の記事

渋沢栄一の軌跡 第14回 天満橋

大阪府 大阪商工会議所

パリ万博で鉄道の重要性を知った渋沢栄一は、紡績業などの発展が目覚ましい大阪において、大阪・京都間にすでに敷かれていた淀川右岸の官営鉄道(...

前の記事

渋沢栄一の軌跡 第12回 七十七銀行

宮城県

七十七銀行の前身にあたる第七十七国立銀行は、1878(明治11)年に地元・仙台に基盤を置く銀行の必要性を感じていた元仙台藩士の氏家厚時らを中心...

関連記事

渋沢栄一の軌跡 第21回[最終回] 旧京都織物 本館

京都府 京都商工会議所

明治維新で首都の役割を東京に譲った京都は、織物産業の発展に力を入れ、技術者の招聘(しょうへい)・伝習生の派遣に取り組み、海外の最先端技術の...

渋沢栄一の軌跡 第20回 中国電力

広島県

1894(明治27)年に勃発した日清戦争の際、広島県は軍港となる呉市などを抱える重要な軍事拠点となりました。すでに県内には民間の電力会社・広島...

渋沢栄一の軌跡 第19回 常磐興産

福島県 いわき商工会議所

明治初期、東京近郊から燃料を調達する必要性が高まり、本州最大の埋蔵量を誇る磐城の石炭を採掘するために、栄一らが1884(明治17)年に設立した...

月刊「石垣」

20225月号

特集1
〝二刀流〟で逆境に打ち勝つ! 主業務×自社ブランドで販路拡大

特集2
コロナ禍を乗り越えて長続きする会社へ 人材が活性化する職場の仕組みをつくる

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする