渋沢栄一の軌跡 第13回 音無親水公園

交通 JR王子駅から徒歩3分

地元の発展を願った栄一が眺めた渓谷

渋沢栄一は61歳のとき、東京都北区の飛鳥山に居を構え、亡くなるまで飛鳥山邸を拠点として活動していました。ここに国内外の賓客を招き重要な会議を行うなど、時代を大きく動かす一方で、地元北区の発展にも力を入れていたといいます。

音無親水公園は、石神井(しゃくじい)川の旧流路に整備された公園です。北区では石神井川を音無川と呼んで親しんでおり、古くから桜の名所として知られていました。この公園をまたぐように架けられた音無橋は、まちの交通の便を良くするために昭和4年に起工し、今なお生活を支えている橋で、建築や開通にあたり栄一が資金援助をしていたことが知られています。

観光担当者がすすめる!わがまちの「イチ押し」

東京商工会議所 北支部 小林 千春

渋沢栄一が後半生の拠点とした北区飛鳥山に、「渋沢×北区 青天を衝け 大河ドラマ館」がオープンしました。ドラマに使用した衣装の展示や、「なりきり1万円札」コーナー、おみやげ館などは必見です。ぜひお越しください。

次の記事

渋沢栄一の軌跡 第14回 天満橋

大阪府 大阪商工会議所

パリ万博で鉄道の重要性を知った渋沢栄一は、紡績業などの発展が目覚ましい大阪において、大阪・京都間にすでに敷かれていた淀川右岸の官営鉄道(...

前の記事

渋沢栄一の軌跡 第12回 七十七銀行

宮城県

七十七銀行の前身にあたる第七十七国立銀行は、1878(明治11)年に地元・仙台に基盤を置く銀行の必要性を感じていた元仙台藩士の氏家厚時らを中心...

関連記事

渋沢栄一の軌跡 第15回 深谷駅 無料会員限定

埼玉県 深谷商工会議所

深谷駅は、東京駅の赤レンガ駅舎とよく似ていることで知られています。これは東京駅駅舎に深谷産のレンガが使われていることにちなみ、「レンガの...

渋沢栄一の軌跡 第11回 中の家

埼玉県

渋沢栄一は天保11(1840)年に、武蔵国榛沢郡血洗島村(現在の埼玉県深谷市血洗島)で生を受け、10代のころから家業である養蚕や藍玉の製造販売を...

渋沢栄一の軌跡 第10回 同志社大学 彰栄館

京都府

江戸で蘭学を学び、米国でさらに見聞を広めた新島襄(じょう)は、日本における教育の必要性を強く訴え、私学同志社の設立への協力を呼び掛けていま...