渋沢栄一の軌跡 第12回 七十七銀行

交通 JR仙台駅から徒歩5分 青葉通から七十七銀行本店を見る [写真提供]七十七銀行

近代的な金融制度の軸となる銀行のあるべき姿を示した栄一

七十七銀行の前身にあたる第七十七国立銀行は、1878(明治11)年に地元・仙台に基盤を置く銀行の必要性を感じていた元仙台藩士の氏家厚時らを中心に設立されました。その際、日本で最初に銀行を設立し、第一国立銀行の頭取を務めていた渋沢栄一に指導を仰いだことから、両者は深いつながりを持つことになります。

元より東北地方の発展に力を入れていた栄一は、その後も株主として資金面を援助し、開業後の1909(明治42)年には相談役に就任しました。東北振興会会長として仙台で講演で述べた「銀行の発展は実業の隆盛があってこそ」という持論は、現在も七十七銀行の企業理念に息づいています。

渋沢栄一の生涯を描く

大河ドラマ「青天を衝け」(NHK)

公式HPはこちら

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

次の記事

渋沢栄一の軌跡 第13回 音無親水公園

東京都 東京商工会議所北支部

渋沢栄一は61歳のとき、東京都北区の飛鳥山に居を構え、亡くなるまで飛鳥山邸を拠点として活動していました。ここに国内外の賓客を招き重要な会議...

前の記事

渋沢栄一の軌跡 第11回 中の家

埼玉県

渋沢栄一は天保11(1840)年に、武蔵国榛沢郡血洗島村(現在の埼玉県深谷市血洗島)で生を受け、10代のころから家業である養蚕や藍玉の製造販売を...

関連記事

渋沢栄一の軌跡 第21回[最終回] 旧京都織物 本館

京都府 京都商工会議所

明治維新で首都の役割を東京に譲った京都は、織物産業の発展に力を入れ、技術者の招聘(しょうへい)・伝習生の派遣に取り組み、海外の最先端技術の...

渋沢栄一の軌跡 第20回 中国電力

広島県

1894(明治27)年に勃発した日清戦争の際、広島県は軍港となる呉市などを抱える重要な軍事拠点となりました。すでに県内には民間の電力会社・広島...

渋沢栄一の軌跡 第19回 常磐興産

福島県 いわき商工会議所

明治初期、東京近郊から燃料を調達する必要性が高まり、本州最大の埋蔵量を誇る磐城の石炭を採掘するために、栄一らが1884(明治17)年に設立した...

月刊「石垣」

20225月号

特集1
〝二刀流〟で逆境に打ち勝つ! 主業務×自社ブランドで販路拡大

特集2
コロナ禍を乗り越えて長続きする会社へ 人材が活性化する職場の仕組みをつくる

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする