日商 Assist Biz

更新

渋沢栄一の軌跡 第11回 中の家

交通 JR深谷駅から車で約20分 [写真提供]深谷市

栄一の商才と思想を磨いた深谷の地に立つ「中の家」

渋沢栄一は天保11(1840)年に、武蔵国榛沢郡血洗島村(現在の埼玉県深谷市血洗島)で生を受け、10代のころから家業である養蚕や藍玉の製造販売を手伝って、藍の販売や原料の仕入れを行っていました。栄一の合理的な考え方は藍玉の事業に工夫を凝らす中で身に付いたといわれています。

生誕の地に立つ旧渋沢邸「中の家(なかんち)」の主屋は、明治28(1895)年に栄一の妹夫婦が上棟したもので、23歳で実家を離れて日本各地を飛び回る栄一が帰郷した際にはここに寝泊まりしていました。近辺には他にも関連する施設が多数残されており、栄一の原点を垣間見ることができます。

次の記事

宮城県

七十七銀行の前身にあたる第七十七国立銀行は、1878(明治11)年に地元・仙台に基盤を置く銀行の必要性を感じていた元仙台藩士の氏家厚時らを中心に設立されました。その際、日…

前の記事

京都府

江戸で蘭学を学び、米国でさらに見聞を広めた新島襄(じょう)は、日本における教育の必要性を強く訴え、私学同志社の設立への協力を呼び掛けていました。新島を支援する会合に出…

関連記事

群馬県 富岡商工会議所

1872年に開業した富岡製糸場は、生糸の品質向上と増産を目的とした日本初の本格的な器械製糸工場です。明治新政府の一員であった渋沢栄一は大隈重信や伊藤博文とともに製糸場の…

三重県 四日市商工会議所

外国綿糸の大量輸入により国産綿糸の生産が圧迫されていたことを憂慮していた渋沢栄一は、紡績産業を発展させるため、大阪紡績の設立に尽力しました。やがて大阪紡績は同じく栄…

奈良県

日本資本主義の父と呼ばれる渋沢栄一は、教育や公益事業などの社会貢献活動にも精力的に取り組んでいました。その一つに、聖徳太子1300年御忌法要の準備会として発足した聖徳太…