渋沢栄一の軌跡 第10回 同志社大学 彰栄館

交通 地下鉄烏丸線今出川駅から徒歩1分 [写真提供]同志社大学

教育への強い志を同じくする新島襄と渋沢栄一が遺した大学

江戸で蘭学を学び、米国でさらに見聞を広めた新島襄(じょう)は、日本における教育の必要性を強く訴え、私学同志社の設立への協力を呼び掛けていました。新島を支援する会合に出席した渋沢栄一は、自ら寄付をし、基金の募集と管理にも尽力。新島は同志社大学の誕生を待たずに亡くなりましたが、後事を託された栄一はその遺志を学生たちに語り聞かせ、以降も同志社大学と深い関わりを持ち続けていました。

明治17(1884)年竣工の彰栄館は、同志社が最初に建てたレンガ建造物です。京都市内に現存する明治期の建造物でもあり、重要文化財に指定されています。

次の記事

渋沢栄一の軌跡 第11回 中の家

埼玉県

渋沢栄一は天保11(1840)年に、武蔵国榛沢郡血洗島村(現在の埼玉県深谷市血洗島)で生を受け、10代のころから家業である養蚕や藍玉の製造販売を...

前の記事

渋沢栄一の軌跡 第9回 旧富岡製糸場・西置繭所

群馬県 富岡商工会議所

1872年に開業した富岡製糸場は、生糸の品質向上と増産を目的とした日本初の本格的な器械製糸工場です。明治新政府の一員であった渋沢栄一は大隈重...

関連記事

渋沢栄一の軌跡 第15回 深谷駅 無料会員限定

埼玉県 深谷商工会議所

深谷駅は、東京駅の赤レンガ駅舎とよく似ていることで知られています。これは東京駅駅舎に深谷産のレンガが使われていることにちなみ、「レンガの...

渋沢栄一の軌跡 第14回 天満橋

大阪府 大阪商工会議所

パリ万博で鉄道の重要性を知った渋沢栄一は、紡績業などの発展が目覚ましい大阪において、大阪・京都間にすでに敷かれていた淀川右岸の官営鉄道(...

渋沢栄一の軌跡 第13回 音無親水公園

東京都 東京商工会議所北支部

渋沢栄一は61歳のとき、東京都北区の飛鳥山に居を構え、亡くなるまで飛鳥山邸を拠点として活動していました。ここに国内外の賓客を招き重要な会議...