ミャンマー情勢テーマにセミナー開催(日本メコン地域経済委員会)

日本・東京商工会議所に事務局を置く、日本メコン地域経済委員会(委員長=鈴木善久・伊藤忠商事取締役副会長)はこのほど、「クーデター100日 ミャンマーはどうなっていくのか 軍政の『完全復活』と『完全解体』をかけた軍と国民の激突」と題したオンラインセミナーを開催した。講師に、読売新聞東京本社・元アジア総局長の深澤淳一氏を迎え、会員企業約80人が参加。セミナーでは、ミャンマー国軍の政治・経済への構造的な関わり、軍とクローニー(友達企業)が経済を支配する実態や中国との関係、日本企業が海外進出先で混乱に直面した際の対応なども解説した。質疑応答では、現地の新型コロナ流行状況と通信環境、ミャンマーへの渡航条件、今後事業パートナーとすべき現地民間企業の選定など多くの質問・意見が寄せられた。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

月刊「石垣」

20225月号

特集1
〝二刀流〟で逆境に打ち勝つ! 主業務×自社ブランドで販路拡大

特集2
コロナ禍を乗り越えて長続きする会社へ 人材が活性化する職場の仕組みをつくる

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする