日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 企業の枠超え仲間づくり 若手社員が共に学ぶ

会員中小企業17社の34人が出席した入社式

大東商工会議所(大阪府)と大東市、大阪産業大学で構成する「だいとう産業活性化協議会」は、地元企業の若手社員を対象に、企業・業種を超えた仲間づくりを目的としたプロジェクト「DAITO DOUKI CAMPUS」を今年度からスタートした。4月には合同入社式・新入社員研修を開催。参加者は今後1年間、産官学連携のメリットを生かしたカリキュラムを通して企業人の心構えや組織の意味、リーダーシップなどを学ぶ。

4月5日に行われた合同入社式・新入社員研修には、市内中小企業17社から34人が出席。冒頭、同所の浅野弘資会頭は「今後の経験が大きな財産になる。高い志と連携による創意工夫で仕事をやり遂げてほしい」と祝辞を述べた。

式後に実施した4日間の新入社員研修には延べ166人が参加。グループワークを中心とした研修に参加することで成長を促すとともに企業の枠を超えた「同期」をつくり、職場定着だけにとどまらず将来的には企業同士の連携にもつなげることが狙い。4日間の研修では、互いの企業紹介を行い、あいさつ、名刺交換などの基本マナーからビジネス文書の書き方、プロ意識、会社組織などを学んだ。

参加者は「年上の方ばかりで、少し心細かった。研修を通じて仲間をつくりたい。こうしたつながりは、今後も残ると思う」「取引先とは別にさまざまな会社の方と知り合える機会があることがうれしい。良い関係を築きたい」などと話し、同期がいない新入社員にとっての交流の場として、期待が高まる。

研修は年間で全8回を予定し、知識の習得だけでなく「同期」の絆をつくる場を提供する。来年3月の1年後研修では、入社後1年間の振り返りや将来の目標設定などで互いの成長を確認し合う。同所は、研修カリキュラムの交流により、やりがいを持って成長し続ける若手社員を育てるとともに、企業間の連携を増やして市内全体の企業力強化を目指す。

次の記事

セレクト地域短信 地域FM局と連携協定 災害時に素早く情報提供

北海道 恵庭商工会議所

恵庭商工会議所(北海道)はこのほど、災害時における地域経済および地域社会の復旧に貢献するため、株式会社あいコミの地域FM放送局「e-niwa(い...

前の記事

セレクト地域短信 防災強化へ広域連携支援

群馬県 桐生商工会議所/群馬県 太田商工会議所/群馬県 館林商工会議所/栃木県 佐野商工会議所/栃木県 足利商工会議所

両毛五市商工会議所(桐生、太田、館林、佐野、足利商工会議所)は、2019年の台風19号による風水害を教訓に「自然災害に際しての広域連携支援に関...

関連記事

セレクト地域短信 地域防災の推進に 行政、自治会と包括協定

神奈川県 小田原箱根商工会議所

小田原箱根商工会議所(神奈川県)、小田原市、小田原市自治会総連合の3者は、防災に関する包括連携協定を8月30日に締結した。同協定は、小田原市の...

セレクト地域短信 9色の風船が大空彩る 市民の願いを乗せて

石川県 白山商工会議所

白山商工会議所(石川県)は、風船に市民の夢や希望が書かれたメッセージカードを付けて大空へ放つイベント「サマーフェスティバルHAKUSAN2021」バ...

セレクト地域短信 「ごはんやってますガイド」のサイト開設

長野県 大町商工会議所

大町商工会議所(長野県)はこのほど、コロナ禍の市内飲食店を応援する「おおまちご近所TAKEOUT ごはんやってますガイド」のWEBサイトを開設した...