販売士検定 ネット試験方式に移行 随時実施で利便性向上

リテールマーケティング(販売士)検定試験・各級のレベル

日本商工会議所はこのほど、「リテールマーケティング(販売士)検定試験」を随時施行が可能なネット試験方式(CBT方式)に変更することを発表した。試験実施から採点、合否判定までをインターネットに接続されたパソコンを活用して実施。7月28日から新方式により試験を開始する。

リテールマーケティング(販売士)検定は、これまで全国統一の試験日にペーパーによる試験で実施していたが、新型コロナウイルス感染症の拡大の影響により、昨年7月の試験は検定創設以来、初めて中止。多くの学習者が受験機会を喪失する事態となった。

日商では、新型コロナウイルス感染症や近年頻発している自然災害などによる施行中止のリスクを回避し、受験者への安定的かつ継続的な受験機会の提供などを目的に、ネット試験方式に全面移行を決めた。

この記事は無料会員限定の記事です。

無料会員登録をすると続きを読めます。

無料会員の方はログイン

月刊「石垣」

20225月号

特集1
〝二刀流〟で逆境に打ち勝つ! 主業務×自社ブランドで販路拡大

特集2
コロナ禍を乗り越えて長続きする会社へ 人材が活性化する職場の仕組みをつくる

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする