こうしてヒット商品は生まれた! 畳縁

クラシック柄、モダン柄、キャラクターや動物などのポップ柄まで、約1000種類の畳縁がそろう。価格は10mで900~2500円(写真は1・5mの商品)

学生服や国産ジーンズなど繊維産業の盛んな倉敷市児島エリアで、1892(明治25)年に創業した畳縁(たたみべり)メーカー・髙田織物。生活様式の変化で畳の需要が減っていく中、同社は畳縁の新たな活用法や新商品を打ち出し、ヒットを連発している。現在では、畳縁のさらなる可能性や多様性を発信し、持続可能なビジネスモデルとしての畳縁を追求している。

無地が主流の畳縁に柄物を投入して他社と差別化

畳縁とは、畳の長手方向に付けられた細長い布のことである。畳の角の摩耗を防ぎ、畳を敷き合わせる際に生じる隙間を締めるなどの役割がある。その製造で今や国内シェアの40%を占め、オリジナルのヒット商品を連発しているのが髙田織物だ。

この記事は無料会員限定の記事です。

無料会員登録をすると続きを読めます。

無料会員の方はログイン

前の記事

こうしてヒット商品は生まれた! バスセンターのカレー

新潟交通商事株式会社

観光土産品の卸と小売りで1939年に設立された新潟交通商事。現在、食品を中心に約5000アイテムの土産物を扱う中、ダントツの人気を誇るのが「バス...

関連記事

こうしてヒット商品は生まれた! タンブラーシリーズ

株式会社キントー

滋賀県彦根市で、食器の卸売業としてスタートしたキントー。2006年を境に、ライフスタイルアイテムを中心とした自社ブランド商品の開発に力を入れ...

こうしてヒット商品は生まれた! CARRY THE SUN®(キャリー・ザ・サン)

ランドポート株式会社

環境を意識したオリジナル商品の製造・販売を行っているランドポート。同社が2019年に発売したソーラー充電式ランタン「キャリー・ザ・サン」が、...

こうしてヒット商品は生まれた! グリーンソフト

株式会社玉林園

1854(安政元)年にお茶の製造販売で創業し、現在は卸売業や飲食業なども広く展開している玉林園。同社が1958年に販売を開始して以来、和歌山市民...