パラリンピックのチカラ File 25 北京で最高の滑りを!~今の自分に成せることを追い求めて

岡本 圭司 (おかもと・けいじ)

1982年2月20日神戸市生まれ。障がいクラスはLL-2。2021年4月、イタリア・ワールド杯2位。牛乳石鹸共進社所属

第7回全国障がい者スノーボード選手権&サポーターズカップ(2021年3月/長野県白馬)でスノーボードクロスのレースを滑走中の岡本圭司選手 撮影:吉村もと

巧みなボード操作に根差した躍動感やスピード感が魅力のスノーボード。パラリンピックでは2018年平昌冬季大会から正式競技となり、スノーボードクロスとバンクドスラロームの2種目が実施されている。

2022年北京大会に向け、日本でも強化が進む中、活躍が期待される一人が岡本圭司選手だ。パラでの競技歴は浅いが、スノーボードクロスを得意とし世界の頂点を狙う。

この記事は無料会員限定の記事です。

無料会員登録をすると続きを読めます。

無料会員の方はログイン

前の記事

パラリンピックのチカラ File 24 灼熱のトラックから白銀のゲレンデへ 「夏冬二刀流」でさらなる高みを!

村岡 桃佳

東京パラリンピックが閉幕したばかりだが、コロナ禍の影響で半年後の2022年3月には冬季の北京大会が開幕する。同大会で3度目の冬季大会出場を狙う...

関連記事

パラリンピックのチカラ File 23 磨いてきたテクニックと培ったチームワークで世界の壁に立ち向かう!

西家 道代

コロナ禍や1年延期という前例のない状況を経て、開幕が近づく東京パラリンピック。実施22競技中、シッティングバレーボールは下肢に障がいのある選...

パラリンピックのチカラ File 22 再び出会えた自分が輝ける場所 後方のゴール目指して、ただ全力で

市川 友美

水上を滑るように進むスピード感や水面を渡る風の爽快さが魅力のボート競技。市川友美選手もそんな魅力にひかれた一人だ。5月の国際大会で優勝し、...

パラリンピックのチカラ File 21 自転車 - 故郷で迎える晴れ舞台 支えてくれた人たちに、結果で恩返しを!

File 21

さまざまな障がいの選手が各自の個性に応じた自転車で、自身の限界に挑むパラサイクリング。杉浦佳子選手は東京パラリンピックの代表に内定し、活...