全商女性連 総会に3800人が出席 オンラインで交流深める

あいさつする全商女性連・市瀬会長

全国商工会議所女性会連合会(全商女性連=市瀬優子会長)は10月22日、「第53回全国商工会議所女性会連合会オンライン総会」を開催した。総会には、全国の356女性会から約3800人が出席。女性起業家大賞や全商女性連の表彰のほか、オンラインならではの双方向配信による各地女性会の紹介、オンライン交流タイムなどの多彩なプログラムが行われた。

冒頭、あいさつに立った全商女性連の市瀬優子会長は、コロナ禍の影響により活動が制約される中での各地女性会の取り組みについて「今できることを模索し、創意工夫による活動を積極的に展開している」と指摘。「日々新しい視点を取り入れて、実行し、前に進まれている。大変心強い」と述べた。

日本商工会議所の三村明夫会頭は、コロナ禍においても、さまざまな事業を活発に行っている各地女性会の取り組みを高く評価。「女性の力で地域を元気にするために、より一層活発な活動を展開いただきたい」と期待を表明した。

総会では、各地女性会のコロナ禍の活動を動画で紹介したほか、「第20回女性起業家大賞」「エクセレント賞」の授賞式も実施。女性起業家大賞では、最優秀賞(日本商工会議所会頭賞)の中曽根暁子氏(株式会社Special Medico 代表取締役)、スタートアップ部門優秀賞(全商女性連会長賞)の石井リナ氏(株式会社BLAST代表取締役社長)、グロース部門優秀賞(全商女性連会長賞)の大原万里亜氏(株式会社りぼん代表取締役)に、それぞれ表彰状と副賞が贈られた。今年度新設したエクセレント賞は、受賞者6人を代表して、藤田敏子氏(株式会社クック・チャム代表取締役社長)に表彰状を贈呈した。

「全商女性連表彰」では、特別功労者47人、会員増強など組織強化に取り組んだ10女性会などを表彰。また、「個として光る」女性会事業表彰では、最優秀賞(日本商工会議所会頭賞)に、大阪女性会(大阪府)の「昭和51年から続く、本音を語り絆を育む『経営事例発表会』の開催」、優秀賞(全商女性連会長賞)に、郡山女性会(福島県)の「「安積うねめ手拭い」の企画・制作・販売」が輝いた。

初めての試みとして実施した双方向配信による出席女性会の紹介では、各地の特徴を生かしたプレゼンテーションでリアル開催に負けない盛り上がりを見せた。また、少数グループによるオンライン交流タイムなどの参加型プログラムも好評を博した。

次回開催は、2022年10月7~8日に福島県で開催。開催地である福島県商工会議所女性会連合会メンバーが参加を呼び掛け、総会は閉幕した。