日マ合同会議 新日常の連携策探る レジリエンス強化で一致

オンライン形式で開催した合同会議

日本・東京商工会議所に事務局を置く日本マレーシア経済協議会(JAMECA)はこのほど、カウンターパートであるマレーシア日本経済協議会とオンライン形式で「日本マレーシア経済協議会第38回合同会議」を開催した。会合には、両国経済界から約190人が出席。岸田文雄首相、イスマイル・サブリ・ヤコブ首相から祝辞が寄せられたほか、マレーシアのアズミン・アリ上級大臣兼国際貿易産業大臣が特別講演を行った。

今回の合同会議のテーマは「ニューノーマルにおける日本とマレーシアの連携、ビジネス連携を通じたレジリエンスの構築」。コロナ後を見据えた両国経済界の連携強化策などについて議論した。

両協議会では、レジリエンス強化へ緊密に連携していくことで一致。次回合同会議を2022年にマレーシアで開催することなどを確認した。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

月刊「石垣」

20221月号

特集1
老舗に学ぶ経営哲学 100年企業が守ってきた“わが家の商法”

特集2
新たな波が大きなチャンスになる!地域企業連携で新エネルギーに挑む

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする