日商 Assist Biz

更新

東京2020大会 さらなる機運醸成に全力 IOC会長と意見交換

左から森会長、バッハ会長、三村会頭

日本商工会議所の三村明夫会頭は7月24日、2020組織委員会が主催する「東京2020大会に向けた意見交換会」に出席した。同会は、大会に向けてオールジャパンでさらなる盛り上げを図るため、同日開催の「東京2020オリンピック1年前セレモニー」に先立ち行われたもの。トーマス・バッハIOC会長や森喜朗東京2020組織委員会会長をはじめ、経済団体や国内トップパートナーらが参加した。

三村会頭は、スポーツのみならず、産業や医療などさまざまな分野で2020年をマイルストーンとして挑戦が進められていると強調。その上で、「世界中から訪れる人々にとって大会が生涯忘れられない思い出となるよう、さらなる大会機運の盛り上げや交通輸送の円滑化、おもてなしの向上に全力で取り組んでいきたい」と意気込みを語った。 バッハ会長は経済界の協力に対して謝辞を述べた上で、「1年前の段階で、これ程まで準備が行われている開催国はなかった。引き続き準備を進めていただき、大会ではベストの結果を出してほしい」と期待を寄せた。

1年前セレモニーには約4000人が参加し、商工会議所からは東京商工会議所をはじめ競技会場所在地商工会議所などから約200人が出席。当日は、安倍晋三内閣総理大臣やバッハ会長のあいさつ、各国の代表者に大会への招待状が手渡されたほか、メダルデザインなどが発表され、会場は大いに盛り上がった。