日本公庫 開業者に占める女性の割合19・9%で過去最高に

日本政策金融公庫はこのほど、「2018年度新規開業実態調査」の結果を公表した。開業者に占める女性の割合は19・9%となり、調査開始以来、最も高い割合となった。開業の課題としては、開業時、開業後ともに「顧客・販路の開拓」や「資金繰り、資金調達」に苦労する開業者が多い。開業後は「従業員の確保」(開業時18・2%↓現在25・6%)、「従業員教育、人材育成」(同14・7%↓19・6%)といった人材面の課題に苦労する開業者が増えている。

詳細は、https://www.jfc.go.jp/n/news/を参照。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

月刊「石垣」

20225月号

特集1
〝二刀流〟で逆境に打ち勝つ! 主業務×自社ブランドで販路拡大

特集2
コロナ禍を乗り越えて長続きする会社へ 人材が活性化する職場の仕組みをつくる

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする