日商 Assist Biz

更新

おすすめ書籍 世界貿易投資報告 2019年版

世界貿易投資報告 2019年版

日本貿易振興機構 編

本書は、世界全体と主要国・地域の経済・貿易・直接投資動向を豊富なデータを用いて解説。「第1部総論編」は、第Ⅰ章で「世界と日本の貿易」、第Ⅱ章で「世界と日本の直接投資」について最新のデータを踏まえて分析、第Ⅲ章「世界の通商ルール形成の動向」ではWTOやFTAを中心とした通商政策の最新動向などを概説している。また、世界的な広がりを見せる保護貿易主義の動向およびその影響や、スタートアップなど新興企業に関する各国の取り組み、および日本企業との事業連携など注目点についてまとめている。「第2部国・地域別編」は、59カ国・地域の経済、貿易・投資動向について、現地統計を基に分析している。

(A4判/470ページ/3190円(税込み)/日本貿易振興機構)

次の記事

角田とよ子

突然やってくるといわれる「介護」。「親が認知症と診断された。さぁ、どうしよう」という事態に直面したときに大切なのは、「仕事は続ける」と決意すること、そして仕事を「辞…

前の記事

水元仁志

1959年に始まった日本のスーパーマーケットは、その後、一大産業へと発展を遂げ、日本の食品販売業界をけん引してきた。しかし、数年前にコンビニエンスストアに業界トップの座…

関連記事

安岡定子/ジェトロ

「日本資本主義の父」渋沢栄一と「歴代総理の指南役」安岡正篤。2人の共通点は、『論語』を徹底的に活用したことにある。全国で『論語』を講義する安岡正篤の孫である著者が、…

足立基浩

和歌山大学副学長の足立基浩教授(日本商工会議所農林水産資源活用・まちづくり専門委員会委員)による新著で、コロナ以後のまちづくりのヒントが詰まっている。数多くの現場を…

井上潤/森俊彦

2月14日に放送開始のNHK大河ドラマ『青天を衝け』の主人公に選ばれ、新一万円札の肖像にも決定している渋沢栄一。渋沢は日本の実業家のリーダーとされる。生涯関係した企業の数…