日商 Assist Biz

更新

観光土産品審査会 第59回 vol.8 日本商工会議所会頭賞(グローバル)

1個2800円(税抜き)

刃物のまちとして有名な岐阜県関市。今から約800年前の鎌倉時代に、九州の刀匠・元重が関へ移り住み、日本刀をつくったのが関の刃物の始まりといわれている。

その関市にある「ニッケン刃物」は、はさみを中心とした刃物の企画・製造・販売を行っている。この度、日本商工会議所会頭賞(グローバル)を受賞した「日本刀はさみ 掛け台付き」は、日本刀モチーフのはさみで、刃体の反りや刃紋まで日本刀を忠実に再現している。関の刃物職人により仕上げられており、切れ味は抜群。付属している掛け台が、日本刀はさみをより一層美しく演出している。

審査員からも「関らしい逸品」「世界中の誰もが使うはさみは、非常に重宝する」「日本をうまく表現している」といった称賛の声が上がった。

次の記事

観光土産品審査会 第60回 vol.1 厚生労働大臣賞(菓子)

しろえび撰

富山県南砺市にある「日の出屋製菓産業」は老舗の米菓メーカーだ。1924年の創業以来「類ありて比なし」の社是を掲げ、ほかがまねできない商品づく...

前の記事

観光土産品審査会 第59回 vol.7 日本商工会議所会頭賞(民工芸)

南部花形組子入 ティッシュボックス

青森県八戸市にある「舘 タテグ工芸」は、南部花形組子の製作・販売、各種木工製品製作を行っている。その技術を生かしたのが、この度、日本商工...

関連記事

観光土産品審査会 第61回 vol.8 日本商工会議所会頭賞(民工芸部門)

越前焼薄作りコラボ盃・コースターセット

鮮やかな色を施した越前焼の盃(さかずき)に組子調のコースターを組み合わせ、越前和紙でパッケージした「越前焼薄作りコラボ盃・コースターセット...

観光土産品審査会 第61回 vol.7 日本商工会議所会頭賞(食品部門)

canささ 笹かまアヒージョ

笹かまぼこを香り豊かなアヒージョに仕立てた缶詰「canささ 笹かまアヒージョ」。宮城県塩竈で80余年、笹かまぼこをつくり続ける「武田の笹かまぼ...

観光土産品審査会 第61回 vol.6 日本商工会議所会頭賞(菓子部門)

山陰の味 大風呂敷

日本商工会議所会頭賞(菓子部門)に選ばれたのは、鳥取銘菓「山陰の味 大風呂敷」。良質な餅米を使った柔らかいきな粉餅に、鳥取県の特産品である...