日商 Assist Biz

更新

観光土産品審査会 第59回 vol.8 日本商工会議所会頭賞(グローバル)

1個2800円(税抜き)

刃物のまちとして有名な岐阜県関市。今から約800年前の鎌倉時代に、九州の刀匠・元重が関へ移り住み、日本刀をつくったのが関の刃物の始まりといわれている。

その関市にある「ニッケン刃物」は、はさみを中心とした刃物の企画・製造・販売を行っている。この度、日本商工会議所会頭賞(グローバル)を受賞した「日本刀はさみ 掛け台付き」は、日本刀モチーフのはさみで、刃体の反りや刃紋まで日本刀を忠実に再現している。関の刃物職人により仕上げられており、切れ味は抜群。付属している掛け台が、日本刀はさみをより一層美しく演出している。

審査員からも「関らしい逸品」「世界中の誰もが使うはさみは、非常に重宝する」「日本をうまく表現している」といった称賛の声が上がった。

次の記事

京づつみ

京都市にある京漬物を製造している「西利」は、伝統の技を生かした京漬物だけでなく、現代のライフスタイルに合わせた創作京漬物などさまざまな京漬物を提供している。この度、…

前の記事

南部花形組子入 ティッシュボックス

青森県八戸市にある「舘 タテグ工芸」は、南部花形組子の製作・販売、各種木工製品製作を行っている。その技術を生かしたのが、この度、日本商工会議所会頭賞(民工芸)を受賞し…

関連記事

酒勾瓶 一合

安養寺窯(宮城県仙台市)は窯元として、幻の安養寺下窯の復興のため地場産品の開発を目指し、今日に至る。1989年、奈良時代後半から平安時代初期にかけての半地下式の登り窯(安…

金物をデザインした手染めの風呂敷

兵庫県三木市に、森と竹に囲まれた工房を構える竹岱亭(ちくだいてい)。染織(伝統的な型染め/草木染・手織り)・和更紗・石彫・木工・金工(彫金・鍛金)・刃物づくり・トンボ玉を…

明宝トマトケチャップ

今回、日本商工会議所会頭賞に輝いたのは株式会社明宝レディースの「明宝トマトケチャップ」。審査員からは、「実食してみると、トマトの存在感を感じられるところがとても良い…