日商 Assist Biz

更新

観光土産品審査会 第60回 vol.1 厚生労働大臣賞(菓子)

18枚入りで1000円(税抜き)

日本商工会議所と全国観光土産品連盟は2019年12月、全国各地の優れた観光土産品を選定する「第60回全国推奨観光土産品審査会」の入賞品を発表した。今回は全国347事業者から669点が出品され、72点が入賞した。このコーナーでは、「菓子」「食品」「民工芸」「グローバル」の各部門の最優秀商品に授与された大臣賞と日本商工会議所会頭賞を8回にわたり紹介する。

富山県南砺市にある「日の出屋製菓産業」は老舗の米菓メーカーだ。1924年の創業以来「類ありて比なし」の社是を掲げ、ほかがまねできない商品づくりにこだわり続けてきた。また、できるだけ高品質の原料を使い、昔ながらの伝統的な製法による米菓づくりを貫いてきた。

この度、厚生労働大臣賞に選出された「しろえび撰」は、富山のコメと“しろえび”というこだわりの素材でつくり上げたプレミアムなしろえびせんべい。従来品よりもしろえびを増量するとともに、さらに薄く焼き上げ、パリパリとした心地よい食感とえびの風味が口の中で広がる。

審査員からも「味がおいしいのとデザインがシンプルかつモダンでよかった」「味の良さとパッケージがシンプルで上品なところが良い」「富山特産として良い」といった称賛の声が上がった。

次の記事

観光土産品審査会 第60回 vol.2 農林水産大臣賞(食品)

京づつみ

京都市にある京漬物を製造している「西利」は、伝統の技を生かした京漬物だけでなく、現代のライフスタイルに合わせた創作京漬物などさまざまな京...

前の記事

観光土産品審査会 第59回 vol.8 日本商工会議所会頭賞(グローバル)

日本刀はさみ 掛け台付き

刃物のまちとして有名な岐阜県関市。今から約800年前の鎌倉時代に、九州の刀匠・元重が関へ移り住み、日本刀をつくったのが関の刃物の始まりといわ...

関連記事

観光土産品審査会 第61回 vol.8 日本商工会議所会頭賞(民工芸部門)

越前焼薄作りコラボ盃・コースターセット

鮮やかな色を施した越前焼の盃(さかずき)に組子調のコースターを組み合わせ、越前和紙でパッケージした「越前焼薄作りコラボ盃・コースターセット...

観光土産品審査会 第61回 vol.7 日本商工会議所会頭賞(食品部門)

canささ 笹かまアヒージョ

笹かまぼこを香り豊かなアヒージョに仕立てた缶詰「canささ 笹かまアヒージョ」。宮城県塩竈で80余年、笹かまぼこをつくり続ける「武田の笹かまぼ...

観光土産品審査会 第61回 vol.6 日本商工会議所会頭賞(菓子部門)

山陰の味 大風呂敷

日本商工会議所会頭賞(菓子部門)に選ばれたのは、鳥取銘菓「山陰の味 大風呂敷」。良質な餅米を使った柔らかいきな粉餅に、鳥取県の特産品である...