観光土産品審査会 第59回 vol.7 日本商工会議所会頭賞(民工芸)

1個1万2000円(税抜き)

青森県八戸市にある「舘 タテグ工芸」は、南部花形組子の製作・販売、各種木工製品製作を行っている。その技術を生かしたのが、この度、日本商工会議所会頭賞(民工芸)を受賞した「南部花形組子入 ティッシュボックス」だ。

南部花形組子とは、飛鳥時代から建築物の装飾として受け継がれている組子の一種。花形カンナという専用のカンナを用いて曲線的な加工を施し、くぎを使わずに美しい幾何学模様を生み出している。

審査員からは「これぞ匠(たくみ)の技が表現されている」「一生ものの逸品」といった称賛の声が上がった。なお、「舘 タテグ工芸」は、今回の審査会において、「木のブックカバー(青森ひば材)」で経済産業大臣賞も受賞している。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

次の記事

観光土産品審査会 第59回 vol.8 日本商工会議所会頭賞(グローバル)

日本刀はさみ 掛け台付き

刃物のまちとして有名な岐阜県関市。今から約800年前の鎌倉時代に、九州の刀匠・元重が関へ移り住み、日本刀をつくったのが関の刃物の始まりといわ...

前の記事

観光土産品審査会 第59回 vol.6 日本商工会議所会頭賞(食品)

葉桐 静岡茶ギフト鈴子缶3個セット

静岡県静岡市にある「葉桐(はぎり)」は、山間地の冷涼な気候、急峻な地形、川霧を効果的に活用して有機・無農薬栽培を目指し、香り高いお茶の栽培...

関連記事

観光土産品審査会 第61回 vol.8 日本商工会議所会頭賞(民工芸部門)

越前焼薄作りコラボ盃・コースターセット

鮮やかな色を施した越前焼の盃(さかずき)に組子調のコースターを組み合わせ、越前和紙でパッケージした「越前焼薄作りコラボ盃・コースターセット...

観光土産品審査会 第61回 vol.7 日本商工会議所会頭賞(食品部門)

canささ 笹かまアヒージョ

笹かまぼこを香り豊かなアヒージョに仕立てた缶詰「canささ 笹かまアヒージョ」。宮城県塩竈で80余年、笹かまぼこをつくり続ける「武田の笹かまぼ...

観光土産品審査会 第61回 vol.6 日本商工会議所会頭賞(菓子部門)

山陰の味 大風呂敷

日本商工会議所会頭賞(菓子部門)に選ばれたのは、鳥取銘菓「山陰の味 大風呂敷」。良質な餅米を使った柔らかいきな粉餅に、鳥取県の特産品である...

月刊「石垣」

20221月号

特集1
老舗に学ぶ経営哲学 100年企業が守ってきた“わが家の商法”

特集2
新たな波が大きなチャンスになる!地域企業連携で新エネルギーに挑む

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする