日商 Assist Biz

更新

コラム石垣 2019年3月1日号 丁野朗

2018年の訪日外国人客数は3119万人。ついに3000万人の大台に達し、20年の4000万人目標も視野に入ってきた。リピーターの増加とともに、今後は、「インバウンド未開の地」であった地方部にも多くの外国人客が押し掛けることが予想される。だが、そこには大きな課題もある。その一つがローカル鉄道の現状である。

▼外国人個人客のほどんどは、地域鉄道などの公共交通機関を利用する。航空機や新幹線で長距離移動をした後は、それぞれの地方にある「交通毛細管」である地方鉄道が利用される。だが、その毛細管の状況は誠にお寒い。

▼過去5年間の外国人客の増加率を見ると、上位には香川県、佐賀県、青森県などの地方都市が並ぶ(観光庁調べ)。しかし、国土交通省によれば、地域鉄道事業者96社のうち経常収支黒字はわずか23社で、残りの73社は赤字にあえいでいる。その原因は多々あるが、地方部でのマイカー依存で、地元住民がローカル鉄道に乗らなくなったことが大きい。

▼昨年12月、観光庁内に、外国人旅行者の地方部における鉄道利用促進のための検討会が設置された。委員メンバーは海外のOTA(Online Travel Agent)やリアルエージェントの経営者などである。彼らの目から、地域鉄道の魅力と問題点をじかに指摘してもらい、今後の施策に反映するといった流れである。すでに地域鉄道の中で優れた取り組み企業のヒアリングや、海外のローカル鉄道の調査などを進めている。3月末には、いったん検討結果を整理し、重点施策の取りまとめを行なうとともに、次年度からの国際観光旅客税(出国税)による予算措置を講じる予定という。地味ながら重要な施策である。

(東洋大学大学院国際観光学部客員教授・丁野朗)

次の記事

時事通信社常務取締役 中村恒夫

働き方改革の中では、女性労働力の活用につながる方策を導入することが重要だ。とりわけ、子育て中の女性を意識した対応が求められる。自宅やサテライトオフィスを生かしたテレ…

前の記事

文章ラボ主宰・宇津井輝史

この世界は神が創った。特定の宗教が奉じる神様ではない。ヒトの体ひとつとっても、これほど精緻な設計図を描けるのは神のほかにあるまい。むろん生物は進化する。体を変えてゆ…

関連記事

観光未来プランナー 丁野朗

もう何度目かの訪問となるが、3月半ば、福井県の九頭竜川上流域にある勝山市の平泉寺白山神社を訪ねた。平泉寺は、717(養老元)年に泰澄によって開かれた1300年の歴史を持つ古…

コラムニスト 宇津井輝史

インドでは街中を牛が闊歩する。神の使いゆえ、クラクションを鳴らしてはいけない。一方デリーのような大都会で猿が走り回り、生活圏でトラの恐怖と隣り合わせのインドは野生の…

都市にも「逆転」は起こり得る。パリの中央部をゆったりと流れるセーヌ川。今でこそ観光客でにぎわう名所だが、19世紀半ば頃は、異臭が立ち込めるコレラ菌の発生源であった。当…