日商 Assist Biz

更新

コラム石垣 2019年2月21日号 宇津井輝史

この世界は神が創った。特定の宗教が奉じる神様ではない。ヒトの体ひとつとっても、これほど精緻な設計図を描けるのは神のほかにあるまい。むろん生物は進化する。体を変えてゆくのは種の間の競争を避けるためである。空を生きる場所と定めた種が鳥になったように、どの生態的空間を利用するかは種ごとの戦略である。米国のオズボーンは適応放散と呼び、日本の今西錦司は「棲み分け」と命名した。

▼進化は神のルール、遺伝システムに従う。だがヒトは遺伝によらない進化を実現した。空を飛ぶために、羽根を生やす膨大な時間を省いて飛行機を発明した。科学文明によるものだから遺伝情報を改変したわけではない。人類はこうして「進歩」してきたが、生命科学という方法を手にしてからは、神の設計図・遺伝子を改変する。

▼改変はむろん人類に貢献する技術として始まった。生命の設計図ゲノム(全遺伝情報)を編集し、何度もの交配を重ねることなく穀物や魚の品種が改良された。がんや遺伝子由来の病の予防や治療にも貢献する。

▼従来の遺伝子組み換えでは、DNA配列のどこに入るかは賭けだった。しかしゲノム編集では、特定の遺伝子を狙った場所に組み込める。精度の向上で精子や卵子の段階で改変もできる。

▼中国で昨年11月、エイズに感染しにくい体質に変えるために受精卵にゲノム編集を施した女児が誕生した。神の領域に踏み込む事態である。好みの子(デザイナーベビー)の誕生や命の選別にも繋がる。

▼中国も含め、日本や欧米は遺伝子を改変した受精卵を人体に戻すのを禁じる。この技術の健全な発展のために、生命倫理をめぐる国際的な合意が待たれる。科学界だけでなく、思想界の仕事でもある。

(文章ラボ主宰・宇津井輝史)

次の記事

東洋大学大学院国際観光学部客員教授 丁野朗

2018年の訪日外国人客数は3119万人。ついに3000万人の大台に達し、20年の4000万人目標も視野に入ってきた。リピーターの増加とともに、今後は、「インバウンド未開の地」であっ…

前の記事

NIRA総合研究開発機構理事・神田玲子

「わしの目には十年先が見える。十年たったら世人(せじん)にわしがやったことが分かる」。これは、日本で初めて西洋美術を展示する大原美術館をつくった大原孫三郎の言葉だ。日…

関連記事

時事総合研究所客員研究員 中村恒夫

アニメ映画「鬼滅の刃・無限列車編」が空前ともいえるブームを巻き起こしている。目を見張るのは観客動員数だけでなく、関連グッズの多さだ。二番煎じ以降になると、効果もそが…

東洋大学大学院国際観光学部客員教授 丁野朗

2015年に創設された「日本遺産」は、今年6月、新たに21件が認定、合計104件となり、当初予定の認定数に達した。今後は新たな認定は行わないが、そのさらなる磨き上げに力を入れ…

コラムニスト 宇津井輝史

日本の避難所が劣悪なのはつとに指摘されてきた。間仕切りや段ボールベッドなど、密の回避はコロナ禍でずいぶん改善されてきた。とはいえ関東大震災以来の「体育館で雑魚寝」ス…