セレクト地域短信 カンボジアで魅力発信 JNTO日本観光展へ出展

スーパーカジレンジャー(中央後列)と三条YEGのメンバー、現地の子どもたち

三条商工会議所青年部(新潟県、三条YEG)は2019年12月7~8日、日本政府観光局(JNTO)と在カンボジア日本国大使館が同国・プノンペンの「イオンモール センソックシティ」で開催した「2019日本観光展(ジャパントラベルフェア)㏌プノンペン」に出展した。同展には同YEGのメンバー13人が参加し、燕三条地域の企業紹介ブースや箸づくり体験ブースを設けたほか、2人組のご当地ヒーロー「燕三条戦隊スーパーカジレンジャー」のショーを実施して〝ものづくりのまち燕三条〟をPRした。

同YEGは、2016年から燕三条地域の認知度向上を目的に、海外での情報発信に力を入れている。同年フランス・パリで開催された「ジャパンエキスポ2016」に出展、17年には同じくパリで「盆栽ワークショップ」を単独開催し、18年には英国・ロンドンで外務省の海外発信拠点ジャパン・ハウス ロンドンのオープンに合わせ、燕三条のものづくりや食を紹介するワークショップを開催した。19年は、ここ数年来日旅行客が増加しているカンボジアに着目。JNTOが17年から実施している「日本観光展」の影響を踏まえ、今回同展への参加を決めた。

カンボジアは人口約1600万人(17年)、平均年齢24歳と若年層が多い国。政府が17年に技能実習に関する協力覚書(MOU)を締結したことから、今後は技能実習生の送り出し・受け入れが進むことも期待されるという。

三条YEGの企業紹介ブースでは包丁などの金属製品やプラスチック製品など7社の製品を展示し、多くの人が訪れた。スーパーカジレンジャーショーは子どもたちに人気で、彼らが登場するとすぐ人だかりができた。会場ではJNTOによる日本の観光映像放映や観光パンフレットの配布、和太鼓演奏などステージパフォーマンスも行われ、2日間で約1万5千人が訪れた。

同YEGは、「燕三条をアピールできたと同時に、JNTOや在カンボジア日本国大使館、技能実習生を派遣する企業などとつながりができた。今後も何らかの形で海外事業を続けたい」としている。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

次の記事

セレクト地域短信 「なごのキャンパス」開設

愛知県 名古屋商工会議所

名古屋商工会議所が運営に参画する廃校を活用したインキュベーション施設「なごのキャンパス」が昨年10月28日、名古屋市内にオープンした。「次の1...

前の記事

セレクト地域短信 TOPICS 「地域団体商標に登録されました」

兵庫県 尼崎商工会議所/福井県 大野商工会議所/岐阜県 中津川商工会議所

令和元年、新たに3商工会議所からの登録なども追加され、地域団体商標の登録件数は現在671件(令和元年11月30日時点)となった。観光集客や地域活性...

関連記事

セレクト地域短信 PayPayと連携したポイント付与キャンペーン実施中

岩手県 北上商工会議所

北上商工会議所(岩手県)はこのほど、キャッシュレス決済サービスのPayPayと連携した消費喚起策「がんばれ北上!PayPayを対象店舗で利用すると最...

セレクト地域短信 古文書の和菓子を再現 地元産の食材生かす

大分県 臼杵YEG

臼杵商工会議所青年部会(大分県・臼杵YEG)はこのほど、臼杵藩主から引き継いだ江戸時代の古文書「菓子製法」を参考に再現した2種類の和菓子を発...

セレクト地域短信 観光関連事業者向けに「みやづ観光ダイジェスト」を発行

京都府 宮津商工会議所

宮津商工会議所(京都府)はこのほど、市内の交通量、主要駐車場の利用数、天橋立などの観光案内所における案内件数、モノレール・ケーブルカー・...

月刊「石垣」

20225月号

特集1
〝二刀流〟で逆境に打ち勝つ! 主業務×自社ブランドで販路拡大

特集2
コロナ禍を乗り越えて長続きする会社へ 人材が活性化する職場の仕組みをつくる

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする