日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 TOPICS 「地域団体商標に登録されました」

令和元年、新たに3商工会議所からの登録なども追加され、地域団体商標の登録件数は現在671件(令和元年11月30日時点)となった。観光集客や地域活性化につながる資源を活用した、今後の取り組みが注目される。

尼崎

尼崎あんかけチャンポン

「尼崎あんかけチャンポン」は尼崎市内の料理店26店で提供されている、あんがかかったチャンポンのこと。昭和の高度成長期に集団就職で赴任した人たちが長崎から持ち込み、同市で独自に発達してきたといわれているラーメンだ。尼崎商工会議所(兵庫県)は、同所100周年事業の一つとして青年部主体の「尼崎あんかけチャンポンプロジェクト」をスタートさせ、2014年には「チーム・尼崎あんかけチャンポン」を発足。食べ歩きツアーなどフードツーリズムとして観光集客効果を上げ、地域活性化に貢献している。

大野

越前おおのでっち羊かん

大野市内で古くから親しまれている「でっち羊かん」は、でっち奉公に出た人が里帰りする際の手土産にしたことが由来といわれる庶民の和菓子だ。大野商工会議所(福井県)は2015年、名水に恵まれた大野ならではの冬の風物詩を「越前おおのでっち羊かん」と命名して地域団体商標に出願。以来PR活動を続けながらこのほどの登録に至った。今後は、中部縦貫自動車道の全線開通や道の駅の整備などを見据えて、PR活動をより一層強化していく考えだ。今年2月には恒例となった「でっち羊かんまつり」が開催される。

中津川

中津川栗きんとん

「中津川栗きんとん」は、生栗をゆでてつぶしたものに少量の砂糖を混ぜて炊き上げ、一つ一つ茶巾で絞った和菓子。中津川商工会議所(岐阜県)は中津川菓子組合と共に、栗の産地として知られる岐阜県の中でも中津川市を栗きんとん発祥の地としてアピールしてきた。もともとは中山道の宿場町だった同地区が、おもてなしの一環で提供してきた栗きんとん。2007年には岐阜県が全国に通用する観光資源「じまんの原石」に認定されている。現在、地元「にぎわい特産館」では期間限定で16店舗の栗きんとんが購入できる。

次の記事

新潟県 三条商工会議所青年部

三条商工会議所青年部(新潟県、三条YEG)は2019年12月7~8日、日本政府観光局(JNTO)と在カンボジア日本国大使館が同国・プノンペンの「イオンモール センソックシティ」で開催…

前の記事

群馬県 高崎商工会議所 前橋商工会議所/栃木県 宇都宮商工会議所/茨城県 水戸商工会議所

高崎商工会議所(群馬県)は5日から10日まで、前橋商工会議所(同)、宇都宮商工会議所(栃木県)、水戸商工会議所(茨城県)と共に、東京・池袋の東武百貨店池袋店で開催された食のイ…

関連記事

富山県 高岡商工会議所

高岡商工会議所(富山県)は、藤子・F・不二雄氏ゆかりの地を巡る「スマホdeスタンプラリー2020」を11月30日まで開催。設置されたパネルを専用アプリで読み込み、ポイント数に…

東京都 東京商工会議所

東京商工会議所は9月16~18日の3日間、同所1階多目的スペースで「『Withコロナ時代』職場の感染症対策グッズ緊急展示・商談会」を開催した。職場での新型コロナウイルス感染拡…

宮崎県 西都商工会議所

西都商工会議所(宮崎県)は、西都市の市街地活性化の拠点として「まちづくり西都KOKOKARAココカラ」を開所した。名称には「ここから市街地の活性化がスタートする」という意味…