経産省 ネットから補助金申請 新システムリリーズ

経済産業省はこのほど、補助金申請システム「Jグランツ」をリリースした。Jグランツには、国や自治体の補助事業が掲載され、ワンストップで、補助金情報を収集することができる。また、いつでも・どこでも申請が可能となっており、移動時間や交通費、郵送費などのコスト削減の効果が期待されている。

従来の多くの補助金申請は、紙での手続きが主流となっており、大量の紙での申請や郵送などの手続きが煩雑であることから、補助金を利用したい事業者が気軽に申請できる環境でないと指摘されてきた。このため経済産業省は、世界的にも補助金申請を含め行政のデジタル化が進展していることも踏まえ、公募から事業完了後の手続きまでをオンラインで完結可能な汎用(はんよう)的な申請システムを開発した。

Jグランツを利用する際には、事業者が一つのアカウントで複数の行政サービスにアクセスできる認証システムである「GビズID」を取得する必要がある。共通のアカウントを利用することにより、社名や住所などの法人(中小事業者なども含む)の基本情報については、何度も同じ入力をすることがなくなり(ワンスオンリー)、入力負担が軽減される。

経済産業省の補助金では、2019年度補正、20年度当初予算で27件の補助金が対象となる。経済産業省の補助金だけではなく、各省や自治体の補助金にも、随時拡大をしていく。

詳細は、https://www.jgrants-portal.go.jp/を参照

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

月刊「石垣」

20225月号

特集1
〝二刀流〟で逆境に打ち勝つ! 主業務×自社ブランドで販路拡大

特集2
コロナ禍を乗り越えて長続きする会社へ 人材が活性化する職場の仕組みをつくる

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする