日商 Assist Biz

更新

コラム石垣 2019年2月1日号 中山文麿

日産自動車のカルロス・ゴーン元会長が有価証券報告書の虚偽記載や特別背任容疑で起訴された。

▼彼は日産の業績のV字回復を実現し、経営者として名声を博していた。日産は今や企業価値と技術の両面でルノーをしのいでいる。しかし、日産の社員は研究・開発などの分野でルノーから口出しを受けていら立っていたようだ。

▼ゴーン氏のコストカッターとしての経営手腕は経営の基本であるコスト削減を徹底したものだ。日産の従業員を大量に解雇し、長年、日産と取引のあった下請け会社に過大な値引きを要求した。このような手法は自分を社長にしてくれた先輩に対する配慮や雇用流動性の低いわが国の経営者は取りにくい。一方、同氏は自分のコストカットには甘かった。

▼今回の起訴は検察当局と日産の幹部との司法取引で得られた情報に基づいている。また、その取り調べ方法は人質司法ともいわれ、日本独特のものであり、取り調べ中に、G7諸国で唯一弁護士の立ち合いが許されていない。

▼フランス政府はルノーの株式を15%所有しており、フロランジュ法によって2年以上保有している株式については2倍の議決権を行使できる。国民に不人気なマクロン大統領はルノーと日産の経営統合を行い、例えば仏労働者の雇用の創出面で日産や三菱の国内への工場誘致を狙っている▼わが国では、一般的に社長の暴走をチェックする取締役会のコーポレートガバナンスが機能していない。それを補う内部通報制度も通報した者が報復を受けることが多く制度の本来の趣旨が生かされていない。

▼司法判断や仏政府の介入の是非にかかわらず、日産とルノーの両社の提携が本来のシナジー効果を生むような決着が望まれる。

(中山文麿・政治経済社会研究所代表)

次の記事

NIRA総合研究開発機構理事・神田玲子

「わしの目には十年先が見える。十年たったら世人(せじん)にわしがやったことが分かる」。これは、日本で初めて西洋美術を展示する大原美術館をつくった大原孫三郎の言葉だ。日…

前の記事

時事通信社常務取締役 中村恒夫

国内株式市場は年末年始の激しい値動きがあったものの、リーマンショック後の低迷期に比べれば、押しなべて堅調に推移している。それに合わせて、新規公開(IPO)を目指す起業家…

関連記事

観光未来プランナー 丁野朗

もう何度目かの訪問となるが、3月半ば、福井県の九頭竜川上流域にある勝山市の平泉寺白山神社を訪ねた。平泉寺は、717(養老元)年に泰澄によって開かれた1300年の歴史を持つ古…

コラムニスト 宇津井輝史

インドでは街中を牛が闊歩する。神の使いゆえ、クラクションを鳴らしてはいけない。一方デリーのような大都会で猿が走り回り、生活圏でトラの恐怖と隣り合わせのインドは野生の…

都市にも「逆転」は起こり得る。パリの中央部をゆったりと流れるセーヌ川。今でこそ観光客でにぎわう名所だが、19世紀半ば頃は、異臭が立ち込めるコレラ菌の発生源であった。当…