日商 Assist Biz

更新

コラム石垣 2019年1月21日号 中村恒夫

国内株式市場は年末年始の激しい値動きがあったものの、リーマンショック後の低迷期に比べれば、押しなべて堅調に推移している。それに合わせて、新規公開(IPO)を目指す起業家も増えているようだ。創業者利益を狙って大胆にベンチャービジネスに挑むこと自体は、経済全体の活性化にもつながる面がある。一方で、IPO自体が目的化し、その事業でどのように社会に貢献するのか、という視点が欠けた事例も、よく耳にする。

▼「株の公開は考えないことにしました」と新春に会った女性経営者は、吹っ切れたように話した。正社員と非正規の社員を融合してサービスを展開するこの会社は、公開企業となることによって、かえってさまざまな制約を受ける可能性がある。大半が女性である非正規社員も自分たちのライフスタイルに合った働き方を享受しており、画一的な労働規制で就労しにくくなるのを恐れているというのだ。

▼逆に、まだ企業規模は小さくても、公開を目指す環境関連企業もある。経営に関与する女性起業家は「将来の設備投資を実施するには、資本市場からの資金調達が欠かせない」と、その理由を打ち明けた。公開時に株を売って創業者利益を獲得することにはほとんど関心がないという。

▼全く異なる事業に関わる2人の女性。実は同一人物である。両社間に資本関係は一切ない。前者は主体的に経営し、後者には理由があって事実上、経営に参画するようになった。「必要があれば株式を公開するし、必然性がなければしない」というしなやかさは見習うべきところだ。若い起業家には公開による「億万長者神話」に惑わされないで、本来の目的を見据えて事業に取り組んでほしい

(時事通信社常務取締役・中村恒夫)

次の記事

政治経済社会研究所代表・中山文麿

日産自動車のカルロス・ゴーン元会長が有価証券報告書の虚偽記載や特別背任容疑で起訴された。彼は日産の業績のV字回復を実現し、経営者として名声を博していた。日産は今や企…

前の記事

宇津井輝史 文章ラボ主宰/神田玲子 NIRA総合研究開発機構 理事/丁野朗  東洋大学大学院国際観光学部 客員教授/時事通信社 常務取締役 中村恒夫/政治経済社会研究所 代表 中山文麿

「平成」が終わり、新たな時代の幕開けとなる2019年。本稿では、本紙コラム「石垣」執筆者に2019年の日本そして世界の行方について聞いた。 グローバル経済は近年の傾向ではな…

関連記事

政治経済社会研究所代表 中山文麿

9月1日は防災の日、台風シーズンの真っただ中だ。先の「令和2年7月豪雨」では、気象庁は熊本県人吉町周辺の24時間の降水量が200ミリメートルに達するとして周辺住民に厳重警戒…

時事総合研究所客員研究員・中村恒夫

「国家公務員の定年延長が見送られ、ホッとした」と情報関連企業の人事担当役員は安堵(あんど)した表情で話してくれた。公務員の65歳定年が確定すれば、民間企業もいずれ追随し…

東洋大学大学院国際観光学部客員教授 丁野朗

本年4月、文化庁・観光庁の共管による「文化観光推進法」が成立、5月1日に施行された。正式名称は、文化観光拠点施設を中核とした地域における文化観光の推進に関する法律であ…