簿記‐1グランプリ 優勝は大原簿記 医療観光専門学校

日本商工会議所はこのほど、日商簿記全国大会「日商簿記‐1グランプリ2018」の結果を発表した。優勝には、大原簿記医療観光専門学校津校が輝いた。2位は熊本商業高校簿記部A、3位は大原学園難波校のOK―Mintとなった。同大会は、日商簿記上位級合格を目指す受験者が、学習を継続する励みとしてもらうとともに、簿記を学ぶ仲間との友情を育むことを目的に16年度から実施している。

エントリーチームは104チームに上り、日商簿記1級受験者メンバー3~5人でチームを編成し、昨年11月18日に実施した日商簿記検定1級試験におけるチーム内の成績上位3人の合計得点で順位を競った。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

月刊「石垣」

20221月号

特集1
老舗に学ぶ経営哲学 100年企業が守ってきた“わが家の商法”

特集2
新たな波が大きなチャンスになる!地域企業連携で新エネルギーに挑む

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする