日商 Assist Biz

更新

パラリンピックのチカラ File 3 アシスタントと二人、本気で目指す世界一!

高橋 和樹 (たかはし・かずき)

1980年埼玉県出身。株式会社フォーバル所属。

BC3クラス(最も障害の重いクラス)

強化合宿で、峠田佑志郎アシスタントと1球ごとに話し合い、「二人のプレー」を磨く、高橋和樹選手(左) 撮影:吉村もと

ボッチャは、誰もが気軽に楽しめると愛好者を急速に増やしているパラスポーツ。だが、極めようとすると、必要な技術も戦略性も高く、ミリ単位でボールを操るパラリンピアンの妙技に感心させられる。 人気のきっかけはリオ・パラリンピックで、日本代表がBC1/2クラスのチーム戦で銀メダルを獲得したこと。だが、歓喜に沸く4選手の陰で、BC3クラスの高橋和樹は一人、悔しさの中にいた。個人戦に出場し、予選敗退に終わっていたからだ。 5歳から始めた柔道で、中学3年時には全国大会に出場し、強豪高に進学。だが、2年時に試合で首を骨折して頸髄を損傷、手や足など体の80%以上がまひという重い障害が残った。常に介助を必要とし、電動車いすでの生活になったが、強い思いで復学。大学卒業後は就職し、自立生活もスタートさせた。 ボッチャへの挑戦は2014年春から。元々スポーツへの復帰を目指していたが、東京パラリンピック開催が決定し、「やるなら本気で世界一に」と決意。自身の障害も考慮して選んだのがボッチャだった。持ち前のセンスが開花し、わずか2年後の16年には世界選手権で準優勝を果たし、リオ・パラリンピック代表にも選ばれた。 だが、期待された結果からは遠く、世界との実力差を痛感。20年東京大会での雪辱を期し、心技体全ての強化方法を見直した。練習時間確保のため、アスリート雇用を求めて転職もした。 BC3の選手は、手足の自由が利かないためアシスタントのサポートを受け、滑り台のような補助具(ランプ)を使ってボールを転がす。家族ペアが多い中、高橋は競技を通して知り合った峠田(たおだ)佑志郎さんと組む。高橋の覚悟を受け、峠田さんも職を辞し、競技専念の道を選んだ。 ルール上は「選手が主」だが、対等な関係性を大切にする。アイデアを持ち寄り、時に意見を戦わせてつくり上げる「二人のプレー」を、東京パラリンピックで出し切ることが目標だ。高橋は、「峠田さんとの連係も見てほしい」と力を込める。 理想とするのは、6球目を投げて初めて「そんな作戦だったんだ」と、敵も観客も驚かせるようなボッチャだ。

緻密な戦略と高い技でミリ単位の攻防を展開。ラスト1球で大逆転も!

重度の脳性まひなどで四肢に機能障害のある人を対象に考案され、1984年からパラリンピック正式競技に。白い目標球(ジャックボール)に、赤か青のボールをいかに近づけるかを競う。障害クラスは全4クラス(BC1〜4)。

競技紹介 https://tokyo2020.org/jp/games/sport/paralympic/boccia/

観に行こう!2020ジャパンパラボッチャ競技大会

日程:2020年2月28日(金)〜3月1日(日)

会場:新有明体操競技場(東京都江東区) *入場無料

スポーツライター 星野 恭子(ほしのきょうこ)

次の記事

島川 慎一

島川 慎一(しまかわ・しんいち)1975年1月29日熊本県生まれ。バークレイズ証券株式会社所属。クラス3.0島川慎一、44歳。その激しさから、「マーダーボール(殺人球技)」の異…

前の記事

小宮 正江

小宮 正江(こみや・まさえ)1975年5月福岡市生まれ、シーズアスリート所属。パラリンピック4大会出場のメダリスト団体競技として日本に初めてのパラリンピック金メダルをもた…

関連記事

瀬立 モニカ

「水の上は、究極のバリアフリーなんです!」―カヌーの魅力を尋ねると、弾けるような笑顔で、瀬立モニカはそう答えた。「陸では階段や段差があって、車いすの私には通れないと…

唐澤 剣也

新型コロナウイルスの影響で、東京パラリンピックは1年延期された。だが、「練習期間が増えてメダルを獲得する確率が増えたかなと思う。できることをやり切って、悔いなく来年…

山口 尚秀

山口 尚秀 (やまぐち・なおひで)2000年10月28日愛媛県出身。四国ガス所属。100m平泳ぎ(知的障がい男子)の世界記録保持者。車いす選手の競技会として始まったパラリンピックは19…