日商 Assist Biz

更新

YEG(青年部)フラッシュ 小林から全国に向けて発信する

小林YEG 坂本宇一郎さん

今回、ご紹介するYEGメンバーは、小林YEG(宮崎県)坂本宇一郎さんです。「名水のまち」小林市でチョウザメの養殖をされている坂本さんにお話を聞きました。

―YEGに入るまでの経歴と、入ったきっかけは?

大学卒業して、旅行会社に5年ほど勤務後、家業の鯉の養殖業と鯉料理屋を継ぎました。そして隣接の宮崎県水産試験場が、チョウザメのふ化に成功し、その魚肉を使って何か特産品をつくれないかという話がでて、チョウザメ料理の開発を始めました。その料理で使っていたチョウザメにたまたま卵(キャビア)が入っていたことからキャビアの製造方法などを国内外から情報収集し、試行錯誤しながら、卵を持ったメス魚を得るためには自分の所でチョウザメの養殖をしてしまおうと思ったのが始まりです。またYEGには、親が商工会議所に所属していて、自分も地元の人たちをもっと知らないといけないということで入会しました。

―YEGに入って良かったことは?

YEGは常に異業種との交流の場なので、普段の会話でもすごく有意義な時間を持てていると感じています。会社では挑戦できないことでも、YEGでは前向きに挑戦できます。

―最後に全国のYEGメンバーに一言

キャビアを小林から全国へと発信中のメンバーがいる、YEGは異業種が集まって運営されている、これを知ってもらえたらうれしいです。そして地元を盛り上げていこうと思います。小林市は、水を使って発展してきた、水に恵まれたまちだと思います。来年2019年度秋には九州ブロック大会が開催されますので、皆さんにもここの良さを感じに来てほしいです。

取材・写真撮影:日本商工会議所青年部(日本YEG)総務広報委員会

株式会社いこいの家

宮崎県小林市南西方1103

TEL:0984-22-5151

HP:https://www.ikoinoie.jp

次の記事

青森県 八戸YEG

全国のYEGでは、地域の特性に応じたさまざまな特徴ある事業に取り組んでいる。今回は、八戸YEG(青森県)が全員で協力して共催している「2018 八戸港カッターレース」について…

前の記事

新潟県 新津YEG

今回、ご紹介するYEGメンバーは、新津YEG笠原綱生さんです。まったく異なる前職から、家業の農家を継いだ笠原さんにお話を聞きました。YEGに入るまでの経歴と、YEGに入ったきっ…

関連記事

和歌山県 和歌山商工会議所青年部

平成18(2006)年に設立。県庁所在地ではあるがYEG未設置だったために、県内の他の商工会議所からの要望に応える形で、当初81人でスタートしました。連合会にも設立と同時に加…

日本YEG

日本商工会議所青年部(日本YEG)は、全国の商工会議所青年部の指導的役割を担う会長、次年度会長予定者、および担当事務局を対象に、地域経済を担うリーダーとしての資質の向…

徳島県 鳴門商工会議所青年部

コロナ禍での活動は新型コロナウイルス感染症の影響で、当初予定していた事業がほとんど行えない状況が続き、阿波おどりも中止となり活気ゼロに近いです。しかし、毎月1日更新…