日商 Assist Biz

更新

YEG(青年部)フラッシュ 農家に生まれた喜び

新津YEG 笠原綱生さん

今回、ご紹介するYEGメンバーは、新津YEG笠原綱生さんです。まったく異なる前職から、家業の農家を継いだ笠原さんにお話を聞きました。

―YEGに入るまでの経歴と、YEGに入ったきっかけは?

以前は東京で洋服の型紙をつくる仕事をしていましたが、親の年齢や子育てに関して考えるところがあり家業を継ぎました。入会のきっかけは同級生の紹介です。商工会議所と農家は全国的には関わりが少ないかもしれません。ですが、新潟は米どころということもあり、自分のような農家は珍しくないので、あえて農家が入ることで農業従事者としての考え・意見を伝えることが大切だと思っています。

―家業を継いだきっかけは?

いつか新津に帰るという意識もあり、父も年なのでいずれ自分がやるのかな、という感覚は子どもの頃からありました。4人の子どもがいますが、東京より実家の新津で子育てしたいという気持ちと、洋服は好きな時につくれるという気付きがあったこと。農家は農家以外のこともできると考えることができたので、それが農家に生まれた喜びですね。

―YEGに入って良かったことは?

多くの人と活動し意見を交換する中で、農家以外の方たちから気づきを得たり、逆に気づきを与えられることが刺激になります。

―新津YEGの良いところは?

自分の仕事も大事ですけど、まずは新津のことを第一に考えている人たちが多いと感じます。

―最後に全国のYEGメンバーと読者の方にひと言

お米を食べる頻度が減っているので、皆さんの好みのお米と出合ってほしいです。

取材・写真撮影:日本商工会議所青年部(日本YEG)総務広報委員会

KASAHARA Farm

新潟県新潟市秋葉区北新田1929

TEL:090-9101-4350

E-Mail:tsunakikasahara@gmail.com

次の記事

宮崎県 小林YEG

今回、ご紹介するYEGメンバーは、小林YEG(宮崎県)坂本宇一郎さんです。「名水のまち」小林市でチョウザメの養殖をされている坂本さんにお話を聞きました。YEGに入るまでの経…

前の記事

岡山県 岡山YEG

全国のYEGでは、地域の特性に応じたさまざまな特徴ある事業に取り組んでいる。今回は、岡山YEG(岡山県)が実施している「6月1日岡山市民の日」と宇都宮YEG(栃木県)が企画し…

関連記事

北海道 名寄商工会議所青年部

地元の他の青年団体会員の減少が進む中ではあったが、迅速な地域まちおこし活動の手助けを行い、また、将来に向けて地元商工会議所議員の担い手を育てようと、2007年に若手有志…

日本YEG

日本商工会議所青年部(日本YEG)は、令和2年度日本YEG米良充朝会長のお膝元・宮崎市のシーガイアコンベンションセンターで交流事業を開催した。本事業は日本YEG交流委員会が企…

和歌山県 和歌山商工会議所青年部

平成18(2006)年に設立。県庁所在地ではあるがYEG未設置だったために、県内の他の商工会議所からの要望に応える形で、当初81人でスタートしました。連合会にも設立と同時に加…