日商 Assist Biz

更新

YEG(青年部)フラッシュ 地元が大好き 小松島バンザイ

小松島YEG 浜田光且(みつあき)さん

今回、ご紹介するYEGメンバーは、小松島YEG浜田光且さんです。地元の小松島が大好きな浜田さんにお話を聞きました。

―YEGに入るまでの経歴と、YEGに入ったきっかけは?

地元の高校を卒業後、椎茸の勉強をするために大学の農学部に進学しました。大学卒業後は家業を手伝うために地元に帰り、27歳で父親から農園を引き継ぎました。椎茸は菌床栽培で140万ブロックを100棟ほどのハウスで生産。徳島県で作っている椎茸の1割、全国で約1%に相当します。YEGには、帰ってすぐに当時の小松島YEG単会会長の紹介で入りました。入会してすぐに四国ブロック大会があり、よく分からないままにいろんなことをやりました。今は入会して15年目になります。

―YEGに入って良かったことは?

地元の異業種の経営者たちと出会えて、いろいろな情報を得られるのは良いですね。全国組織であるYEGの存在は小松島でも大きいと思います。『ものづくり等補助金』の情報もYEGを通して入手できたことで、活用に至っています。

―小松島YEGの仲間に期待することは?

もっと会員数を増やして地元を盛り上げたいです。YEGの活動も積極的に参加して、いろんなきっかけづくりをしたいです。

―最後に全国のYEGメンバーと読者の方に一言

今回の取材をきっかけにYEG活動を頑張っていきます。小松島YEGの人数をもっと増やして、他団体の青年部とも仲良くなって、地元をどんどん盛り上げていきたいです。小松島の特産は、椎茸、鱧、しらすちりめんなどたくさんありますので、ぜひ来ていただいて小松島の良さを知ってもらいたいです。

取材・写真撮影:日本商工会議所青年部(日本YEG)総務広報委員会

浜田農園

徳島県小松島市櫛淵町字山口37-7

TEL:0885-35-7150

HP:https://www.sunmush-kushibuchi.jp

次の記事

北海道 帯広YEG/北海道 釧路YEG

北海道では、明治の開拓期以来、馬が生活になくてはならない労働力として人々と共生してきた歴史がある。「とかちばん馬(ば)まつり」は、そのような地域の歴史ある馬文化を守り…

前の記事

山口県 山陽YEG

今回、ご紹介するYEGメンバーは、山陽YEG 西村龍太郎さんです。YEGの職業では大変珍しいオートレーサーの西村さんにお話を聞きました。YEGに入るまでの経歴と、YEGに入ったきっ…

関連記事

北海道 名寄商工会議所青年部

地元の他の青年団体会員の減少が進む中ではあったが、迅速な地域まちおこし活動の手助けを行い、また、将来に向けて地元商工会議所議員の担い手を育てようと、2007年に若手有志…

日本YEG

日本商工会議所青年部(日本YEG)は、令和2年度日本YEG米良充朝会長のお膝元・宮崎市のシーガイアコンベンションセンターで交流事業を開催した。本事業は日本YEG交流委員会が企…

和歌山県 和歌山商工会議所青年部

平成18(2006)年に設立。県庁所在地ではあるがYEG未設置だったために、県内の他の商工会議所からの要望に応える形で、当初81人でスタートしました。連合会にも設立と同時に加…