日商 Assist Biz

更新

コラム石垣 2019年10月11日号 丁野朗

観光や産業振興、文化財活用など、各地でおびただしい数の計画策定が進められている。しかし近年になって、これらの計画づくりの手法に大きな変化が見られるようになってきた。それは「市民協働」である。

▼計画をつくり、その実現に行政が自ら旗を振るのは当然としても、実際に事業を担う市民や民間事業者が不在であったり無関心だと、まさに絵に描いた餅に終わってしまう計画も少なくない。近年、自らが関わる観光基本計画の策定でも、観光関連や経済団体の代表者などによる委員会とは別に、市民や事業者らによるワーキンググループを別途設置する例や、現地でのワークショップ、ヒアリングなど、まさに市民協働による計画づくりが進められている。

▼その一例が、新潟県上越市の次期観光振興計画の策定である。この計画づくりはまさに上記のような手法が導入されているほか、計画策定後もワーキンググループは解散せず、計画期間中はずっと市民・事業者の提案と事業化プランを支援しフォローアップするという前提で作業が進められている。

▼観光地域づくりのかじ取り役であるDMOは、観光客数の増加などのKPIを掲げるが、こうした民間事業者による活発な活動と事業創造こそが事業の成否を決める。

▼今年4月に改正された文化財保護法によって位置付けられた文化財活用の地域計画の策定なども例外ではない。文化財は公的財源と責任によって保全するという従来型の施策は、今や破綻しつつある。「活用なければ保全なし」は文化庁の大きな指針だが、活用を実現する主体は、明らかに市民や民間事業者たちである。地域の市民力こそが、地域文化資源の保全・活用の大きな鍵となる。

(東洋大学大学院国際観光学部客員教授・丁野朗)

次の記事

時事通信社常務取締役 中村恒夫

「人工知能(AI)に詳しい人材がいないと企業として生き残れないのでは」と旧知の中堅企業役員は真剣な表情で懸念を口にした。政府がAIなど最先端技術に通じた人材を地方自治体に…

前の記事

文章ラボ主宰 宇津井輝史

国家間の関係は、地理や地勢、海洋や資源に依存する。戦前は日本でも地政学の研究が盛んだった。だが戦後は戦争指導理論とされて遠ざけられた。戦争に敗れ、破滅に導いたのは、…

関連記事

政治経済社会研究所代表 中山文麿

9月1日は防災の日、台風シーズンの真っただ中だ。先の「令和2年7月豪雨」では、気象庁は熊本県人吉町周辺の24時間の降水量が200ミリメートルに達するとして周辺住民に厳重警戒…

時事総合研究所客員研究員・中村恒夫

「国家公務員の定年延長が見送られ、ホッとした」と情報関連企業の人事担当役員は安堵(あんど)した表情で話してくれた。公務員の65歳定年が確定すれば、民間企業もいずれ追随し…

東洋大学大学院国際観光学部客員教授 丁野朗

本年4月、文化庁・観光庁の共管による「文化観光推進法」が成立、5月1日に施行された。正式名称は、文化観光拠点施設を中核とした地域における文化観光の推進に関する法律であ…