日商 Assist Biz

更新

コラム石垣 2018年4月11日号 神田玲子

「老いていく」のは、どうやら人間だけではなさそうだ。多くの人が集まって暮らす「都市」もまた、年老いていく。大都市である東京の郊外には、高度経済成長期に建てられた築後50年近い集合住宅が散在する。老朽化した住宅は、若い世代に避けられ、次第に空き室が増えていく。人間が老いてもその営みは次世代に引き継がれるが、建物はただ朽ちていくだけだ。

▼こうした事態を避けるには、古くなった建物を建て替えればよいが、問題はそう簡単ではない。生活に余裕のない高齢層が居場所を失うためである。シリコンバレーでも、IT企業で働く高収入の従業員がどっと押し寄せたため地価や家賃が高騰し、高額の家賃を支払えない地元の人々が立ち退かざるを得なくなった。建て替えられた高級マンションの外観は立派だが、そこに住む人々はIT企業の高額所得者に偏り、社会の縮図とはいえない。

▼グローバル都市を目指す東京圏でも、将来、同じことが起こる懸念がある。長年暮らした地域から住民が強制的に退去させられることは市場の論理ではあるが、同質的な人々しか住まなくなった地域は活気を失い、徐々に自壊していく。都市はさまざまな人が雑居しているからこそ、社会を良くしようというエネルギーが湧く。そして、生活環境や所得の違いを超えてお互いを理解し、そうした人々の当事者であるという意識が生まれる▼都市が世代を超えて繁栄するためには、市場原理ではないルールが必要だ。例えば、同じ地域や建物に、年齢や所得の異なる人が住めるような割り当てをするような工夫があってもよい。市場原理だけに委ねない、都市を次の世代に引き継ぐための「老いない」都市づくりが必要である。

(神田玲子NIRA総合研究開発機構理事)

次の記事

文章ラボ主宰 宇津井輝史

桜が開花した地域とこれから開花する地域を結んだ境界に引いた線を桜前線と呼ぶ。春が忍び寄ってくると、縦長の日本列島を前線が北上する。むろん桜は気温に敏感なので、同品種…

前の記事

時事通信社取締役 中村恒夫

厚生労働省は働き方改革の一環として、副業・兼業の促進を目指している。多くの企業は副業や兼業を認めていないが「やってみたい」と希望する人は年々増加しているという。個人…

関連記事

NIRA総合研究開発機構理事 神田玲子

慶應義塾大学の創設者である福澤諭吉の『文明論之概略』には次の一節がある。「西洋諸国の学問は人民一般の間に起こり(中略)学者の事業にて、其行はるるや官私の別なく、唯学者…

政治経済社会研究所代表 中山文麿

9月1日は防災の日、台風シーズンの真っただ中だ。先の「令和2年7月豪雨」では、気象庁は熊本県人吉町周辺の24時間の降水量が200ミリメートルに達するとして周辺住民に厳重警戒…

時事総合研究所客員研究員・中村恒夫

「国家公務員の定年延長が見送られ、ホッとした」と情報関連企業の人事担当役員は安堵(あんど)した表情で話してくれた。公務員の65歳定年が確定すれば、民間企業もいずれ追随し…