日商 Assist Biz

更新

コラム石垣 2018年4月21日号 宇津井輝史

桜が開花した地域とこれから開花する地域を結んだ境界に引いた線を桜前線と呼ぶ。春が忍び寄ってくると、縦長の日本列島を前線が北上する。むろん桜は気温に敏感なので、同品種、同地域でも土地の高低で開花期が違う。だから前線は、平地では水平に、山間では垂直に移動する。北上する前線を追えば長く桜を楽しめ、山の麓に暮らせば新緑に映える桜をずっと愛でることができる。こうして桜前線が各地に春の喜びを届ける。

▼今年は3月半ばに気温が急に上がり、前線の北上速度が増した。あれよと言う間の開花宣言。満開時期を見越して予定していたイベントが空振りに終わった地域もあると聞く。人間の事情に合わせて開花を待ってはくれないのが自然なら、桜の最盛期が開花から一週間というのも自然の生業である。慌ただしく散ってしまい、美しいときは短い。古来このはかなさが日本人を魅了し、いまも人々の心情の基底を成す。

この記事は無料会員限定の記事です。

無料会員登録をすると続きを読めます。

無料会員の方はログイン

次の記事

東洋大学大学院国際観光学部客員教授 丁野朗

経済産業省が近代化産業遺産33群と続33群の認定を行ったのは平成19年、20年のことである。わが国の産業近代化の過程を物語る数多くの建築物、機械、文書などに着目し、これらが…

前の記事

NIRA総合研究開発機構理事 神田玲子

「老いていく」のは、どうやら人間だけではなさそうだ。多くの人が集まって暮らす「都市」もまた、年老いていく。大都市である東京の郊外には、高度経済成長期に建てられた築後…

関連記事

観光未来プランナー 丁野朗

もう何度目かの訪問となるが、3月半ば、福井県の九頭竜川上流域にある勝山市の平泉寺白山神社を訪ねた。平泉寺は、717(養老元)年に泰澄によって開かれた1300年の歴史を持つ古…

コラムニスト 宇津井輝史

インドでは街中を牛が闊歩する。神の使いゆえ、クラクションを鳴らしてはいけない。一方デリーのような大都会で猿が走り回り、生活圏でトラの恐怖と隣り合わせのインドは野生の…

都市にも「逆転」は起こり得る。パリの中央部をゆったりと流れるセーヌ川。今でこそ観光客でにぎわう名所だが、19世紀半ば頃は、異臭が立ち込めるコレラ菌の発生源であった。当…